これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ゆで卵ダイエットのやり方|何個でもOKは間違い!

   

1個90kcalのゆで卵。これを食べて痩せようというのが、ゆで卵ダイエットです。

ここでは、ゆで卵ダイエットのやり方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ゆで卵ダイエットがなぜ痩せるのか?

やり方の前に、ゆで卵ダイエットが痩せる理由を、簡単にご説明したいと思います。

正直いうと、ゆで卵自体に特別なダイエット効果はないです。

  • 脂肪が燃える
  • 消費カロリーが増える
  • お通じが良くなる

このような、直接体重が減る成分は含まれていません。ではなぜ痩せるのか?

それは、ゆで卵を食べることで簡単にカロリー制限ができるからです。

ゆで卵ダイエットとは、ゆで卵を使った置き換えダイエット(1日の何食かを低カロリーな食べ物に置き換える方法)のことです。

なので、やり方を間違えると全く痩せません。

それを踏まえたうえで、正しいゆで卵ダイエットのやり方をチェックしてみしょう。

ゆで卵ダイエットのやり方

正しいゆで卵ダイエットでは、1日3食のうち1食をゆで卵と置き換えます。

食べる量やタイミングで、効率が少し変わってくるため、それぞれ詳しく説明していきたいと思います。

食べる量

食べる量に関して、1つだけルールがあります。

置き換える食事のカロリーを超えないこと

これさえ守れば、何個食べてもかまいません。1個でも5個でも好きなだけ食べれます。

例えば、お昼にセブンイレブンの和風幕の内弁当(約600kcal)を食べるとします。これをゆで卵(90kcal)と置き換えるなら、6個まで食べても大丈夫です。

朝の食パン2枚(約300kcal)を置き換えるなら3個まで。

このように、その食事の摂取カロリーを超えなければ、消費カロリーが上回るので痩せていきます。

もちろん、1日の摂取カロリー(男約2,100/女約1,500)を超えないのは大前提です。他の食事で食べすぎないようにしてください。

食べるタイミング

朝食、昼食、夕食、いつ置き換えても大丈夫なので、自分にあったタイミングで置き換えてください。

朝食は、昼食までの時間が短くお腹が空きづらいので、なるべく空腹を避けたい方に向いています。

昼食は、朝と比べて摂取カロリーが上がるため、摂取カロリーを大きく抑えたい方向けです。ただし、夕食までの時間が長く、空腹にはなりやすい点に注意してください。

夕食は、摂取カロリーが1番高くなりがちなので、最もダイエット効果を上げたい方におすすめです。

夕食以降はカロリーの消費量が減るため、ゆで卵にすることで余分な栄養を吸収せずにすみます。

まとめると、次のとおりです。

  • 朝食:空腹が苦手な方
  • 昼食:空腹に耐えられて、そこそこ摂取カロリーを抑えたい方
  • 夕食:大きく摂取カロリーを抑えたい方

スポンサーリンク

ポイントは「ゆで方」

ゆで卵は「固ゆで」すると、消化が遅くなり、空腹になりづらくなります。

もちろん半熟でも栄養は変わらないので、完全に好みの問題ですが、少しでも腹持ちさせたいなら固ゆでを試してみてください。

味付けの注意点

塩で食べる方が多いと思いますが、それ以外にも色々な調味料をかけて食べる方もいらっしゃるかもしれません。

1日の摂取カロリー以内に抑えられるなら全然OKです。

ただし、少しでもダイエット効果を上げたいなら、

  • カロリー低め
  • 糖質低め

この2つに注意して選ぶと、太りづらいので参考にしてください。

ゆで卵ダイエットのメリット

栄養バランスが乱れにくい

卵は「完全栄養食」といわれ、食物繊維とビタミンC以外の栄養はほぼ含まれています。

そのため、他の食材を使った置き換えダイエットと違い、健康的に痩せることができます。

ダイエット中の栄養バランスをキープするのは難しいので、それが簡単にできるのは魅力の1つです。

カロリー計算しやすい

1個90kcalと計算しやすいので、カロリー管理が簡単なのもゆで卵ダイエットならではです。

他の食事をカロリーが表示されているコンビニ弁当などにすれば、1日の摂取カロリーを完璧に把握できます。

ゆで卵ダイエットのデメリット

ゆで卵ダイエットには、特にデメリットはありません。

強いて挙げるなら、茹でるのが面倒くさいことくらいですが、今はレンジで簡単に作れることができます。

昔はコレステロールが高くなると言われてましたけど、今は関係ないことがわかっているので心配いりません。

まとめ

ゆで卵ダイエットは、置き換える食事のカロリーを超えないように食べるだけの簡単ダイエットです。

調理手間も少なく、カロリー計算も簡単なので、ダイエットを手軽に始めたい方におすすめです。

 - 食べ物, 食事法