これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

有酸素運動のダイエット効果を上げる前準備3つ

      2017/01/09

yusansoundo-junbi

脂肪を燃やすなら有酸素運動ですが、ある前準備をすることで、さらに効果を上げることができます!

しかも、そんな難しいことじゃありません。

ここでは、有酸素運動のダイエット効果を上げる前準備をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

有酸素運動のダイエット効果を上げる前準備

筋トレをする

muneyase5

有酸素運動をはじめる前に、先に筋トレをやってしまいます。

筋トレは無酸素運動なので、運動するためのエネルギーとして血液中の糖分を使用します。

ということは、その後に有酸素運動をはじめた場合、運動するためのエネルギーが足りません。

そこで使われるのが、予備エネルギーの脂肪です。

この一連のサイクルが起こるため、有酸素運動前の筋トレはダイエット効果を高めると言われています。

また、この他にも筋肉を使うことで分泌される成長ホルモンも、脂肪分解を促進するホルモンなのでさらに効果を上げてくれますよ。

ストレッチをする

運動前にストレッチはしていますか?

ストレッチは、主にケガを予防する目的で取り入れられることが多いですが、実はダイエット効果を高める役目もあります。

ストレッチは体の筋肉をほぐして刺激するので、血行が促進されるようになります。

そうすると、隅々の細胞まで酸素や栄養が行き届くので、体全体の代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい状態になるわけです

時間も3、4分で終わりますし、運動をする前には必ず取り入れるようにしましょう!

スポンサーリンク

食べ物を食べない

有酸素運動をする前に食べ物を控えることで、脂肪燃焼効果を高めることができます。

なぜなら、血糖値の低い状態からスタートできるため、早く脂肪を燃やすことができるからです。

つまり、有酸素運動でよく言われる20分以上からの燃焼効果を、早く得ることができるようになるってわけです。

空腹時は成長ホルモンも分泌される!

睡眠時や筋トレで分泌される成長ホルモンですが、実は空腹時にも分泌されます。

なので、筋トレと食前という2つの条件を利用することで成長ホルモンが多く分泌され、さらに痩せやすくなります。

食後は効果が薄くなるので注意!

kettouchi6

有酸素運動をするうえで最も気をつけたいのが、食後に有酸素運動を行うことです。

理由は、食前の場合と逆で血中に糖分が満たされた状態なので、エネルギーとして脂肪を分解するまでの間隔が伸びるからです。

特に糖質の高いものや炭水化物を大量に食べた場合は、脂肪燃焼効果が全然出ないこともあります。

ちなみに、食後の運動は消化不良を起こす原因にもなるので注意が必要です。

なので、もし運動前に食事をしてしまった場合は、消化までの時間を見越して最低でも2時間ほど間隔を空けるようにしましょう!

まとめ

有酸素運動の効果を最大限に上げたいなら、食前に筋トレとストレッチを行った後にはじめるのがベストということになります。

爆発的に効果があるわけではありませんが、塵も積もれば山となるというように、こういう細かい意識がダイエットを成功へと導きます。

ぜひ積極的に取り入れて、必ずダイエットを成功させましょうね!

 - 運動 ,