これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

健康的に痩せる!和食がダイエットに適している6つの理由

      2017/01/09

sangodiet2

ダイエット中に食べるなら、和食がいいですよ〜。健康的なうえに、ダイエットに合う食材も多いですからね。

ここでは、和食がダイエットに適している理由をご紹介しています。ダイエット中の食事で悩んでいる方は参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

和食がダイエットに適している理由

 

低カロリーなものが多い

和食といえば、基本的にカロリーの低い料理が多いです。

油もそんなに使いませんし、魚や野菜をメインに使うことが多いです。それに出汁を生かすので、調味料もドバドバ使いませんし。

ダイエットをする場合、摂取カロリーを低く抑えることは基本ですからね。ここをクリアしやすい和食は、ポイントが高いです。

ちなみに、焼き魚系の定食などは、ほとんどが600kcalから750kcal程度しかありません。

ヘルシーで低カロリー。まさにダイエットにうってつけの食事ってわけです。

三大栄養素をバランス良く摂取できる

washoku1

三大栄養素の炭水化物・タンパク質・脂質がバランス良く摂れるのも、和食の優れたポイントです。

炭水化物のみや、タンパク質ばかりに偏りがちな洋食と違い、和食は全てのバランスが整っているため健康的に痩せることができます。

この三大栄養素は、どれが欠けても健康的に痩せれなくなるので、美とダイエットを同時に手に入れたい女性なら見逃せませんよ。

>>三大栄養素はダイエットに必要不可欠!不足すると現れるマイナス効果

油をあまり使わない

和食のイメージといえば、あまり油を使わなくありませんか?

油には、腹持ちを良くする効果や便をスムーズに排出する効果など、ダイエットには嬉しい働きがあります。

でも、油にはカロリーがあるので摂取し過ぎれば太っちゃいます。

この油が多すぎず、かと言って全然使われていないわけでもない和食は、バランスよく油を摂取できる食事ってわけです。

スポンサーリンク

炭水化物をお米から摂れる

和食では白米、玄米などお米を食べますが、これも洋食と比べてダイエットに適しているポイントです。

洋食ではパンを良く食べますが、パンは炭水化物だけでなくバターなどを含んでいるため、余分なカロリーまで摂取しがちです。

ですが、お米の場合はそれらの余分なカロリーが入っていないので、純粋に炭水化物のみを摂取することが可能です。

それにパンなどに比べて腹持ちも良いので、ダイエット中の空腹による食べ過ぎを抑える効果もあります。

どうぜ同じ炭水化物を食べるなら、確実にパンよりお米の方がいいですよ。

良質なタンパク質を摂取できる

washoku4

豆腐や納豆をはじめとする大豆製品をよく用いる和食は、良質なタンパク質を摂取できるためとてもダイエットに向いています。

タンパク質は、筋肉を作るために必要なので、代謝を低下させないためには絶対に摂らなければいけません。

中でも、大豆は肉と違って脂質がないため、余分に脂質を摂りたくない方にもおすすめです。

調味料のカロリーを大幅に減らせる

和食の基本といえば「ダシ」ですよね。

このダシには旨味成分が含まれているため、味に深みを与え、濃くない味付けでも満足できるようになっています。

味付けを濃くしなくて済むということは、それだけ調味料のカロリーを減らすことができます。

ソースやマヨネーズ、ドレッシングなどのカロリーは高いので、使いすぎるとカロリーを過剰摂取してしまうこともありますからね。

それを防げる和食は、少しでもカロリーを減らしたいダイエット中の食事にとても適しているのです。

まとめ

和食がダイエットに適しているのは、

  • 低カロリーなものが多い
  • 三大栄養素をバランス良く摂取できる
  • 油をあまり使わない
  • 炭水化物をお米から摂れる
  • 良質なタンパク質を摂取できる
  • 調味料のカロリーを大幅に減らせる

これらが理由だからです。

なので、もしこれからダイエットに取り組むうえで食事に悩んでいるなら、和食を取り入れることをおすすめします。

バランス良く栄養を摂れることから美しく痩せるにはピッタリの料理なので、和食で美味しく綺麗に痩せちゃいましょう!

 - 食べ物, 食事法 ,