これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

糖質制限ダイエットがもたらすマイナス効果に要注意!

      2017/01/09

toshituseigen6

ダイエットに興味があるのなら「糖質制限ダイエット」という言葉を耳にしたことがありませんか?

糖質の多い白米やパンを控えることで、脂肪を燃焼させるというダイエット方法です。

その手軽さや痩せる効果ばかりにフィーチャーされがちですが、実はあまり好ましくない効果も多々あります。

ここでは、糖質制限ダイエットがもたらすマイナス効果についてご紹介しています。これから糖質制限ダイエットに取り組む予定の方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットにより起こるマイナス効果

糖質制限ダイエットにより起こるマイナス効果には、

  • 筋肉が減り代謝が下がる
  • 思考力が低下する
  • リバウンドする
  • 低血糖を引き起こす
  • 逆に太ることがある

これらが主なものになります。

では、これらがどうして引き起こるのでしょうか。

筋肉が減り代謝が下がる

人間は、基本的に血中の糖分をエネルギーに変えて生活をしています。

しかし、それらの糖分が少なくなると脂肪や筋肉をエネルギーに変えるようになります。

この働きが厄介で、基礎代謝を上げる筋肉の量が減ることで消費カロリーが減ってしまうようになります。

ということは糖質を控え続けると自然と痩せづらい体へと変化していき、結果的にダイエットに不向きな体となります。

思考力が低下する

toshituseigen2

糖分(ブドウ糖)は脳が働くための大切な栄養分です。

糖質制限をするということは、この栄養分をカットするようなものです。

そうすると当たり前ですが、頭がボーッとしたり思考が鈍くなったりという症状が現れます。

ちなみに、糖質制限ダイエットの中でも有名なアトキンスダイエットでは、糖質摂取量が20gから40gとされています。

それに対し、何もせずに1時間に脳が消費するブドウ糖の量は約5gと言われています。

1日で計算すると脳が消費する糖の量を大きく下回っているので、糖質制限がいかに脳の働きを阻害するかがわかるかと思います。

リバウンドする

糖質制限ダイエットは、筋肉を糖に変えたり少ない糖質で生活するよう省エネモードに入ります。

なので、糖質制限ダイエットをやめるときには基礎代謝の低い状態です。

ここで普通の食事に戻してしまうと、多くの糖質を消費できないまま余分な脂肪として溜め込みます。

それに加えて基礎代謝が下がっているのでそれらの脂肪も燃焼しづらく、結局太りやすい体になっているのでリバウンドするわけです。

スポンサーリンク

低血糖を引き起こす

常に糖分の足りない状態を作りだすので、それがきっかけで低血糖を引き起こすことも珍しくありません。

低血糖の症状としては、

  • 動悸
  • 震え
  • 異常行動
  • 意識を失う

これらの症状が出てくるので、日常生活に大きな支障をきたすことにもなります。

大きな事故を引き起こす可能性も高くなるので、乗り物の運転をする方などは特に注意が必要です。

最悪の場合死に至ることがある

低血糖がひどくなると意識を失い、最悪の場合はそのまま死に至ることがあります。

もし死ななかったとしても、回復までの時間がかかり過ぎて植物人間になることもあります。

なので、ひたすら糖質を制限するような過度な投資制限ダイエットは危険なのです。

逆に太ることがある

toshituseigen5

糖質制限ダイエットは糖質を極端に制限する代わりに、それ以外の物なら食べても良いと勘違いされがちです。

もちろんそんなことはなく、実際にはほとんどの食べ物に糖質が含まれていて、糖質を極少量しか含まないものを好きなだけ食べれば太ります。

それに糖質がとても少ないと言われている肉類やチーズなどを食べすぎると、高コレステロールや塩分の過剰摂取など別の問題も発生します。

ここを勘違いして太ってしまうという方も多いので、もし糖質以外を制限せずに好きなだけ食べれると思っているのなら認識を改める必要があります。

まとめ

糖質制限ダイエットがもたらすマイナス効果は、

  • 筋肉が減り代謝が下がる
  • 思考力が低下する
  • リバウンドする
  • 低血糖を引き起こす
  • 逆に太ることがある

これらがあるので、糖質制限ダイエットには十分注意する必要があります。

痩せるためのダイエットで体調を崩してしまっては元も子もありませんらね。

また、こういう極端な食事制限のダイエットは根本的解決にならないので、長く効果を保ち健康的に痩せたいなら運動することが大切ですよ!

 - NG, 食事法