これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

豆乳ダイエットの方法はコレ!おすすめの豆乳レシピなども

      2017/01/09

tonyudiet

簡単&楽チンなので今日から実践できるのが、豆乳ダイエットのいいところです。

ここでは、豆乳ダイエットの方法などをご紹介していますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの方法

豆乳ダイエットの痩せる効果は、大豆サポニンの効果を使って脂質の吸収を抑え、摂取カロリーを減らすことです。

そのためには、具体的に次の3つに気をつける必要があります。

  • 豆乳は1日200mlにしておく
  • 1番高カロリーな食事の前に飲む
  • 1日の総摂取カロリーを抑える

豆乳は1日200mlにしておく

豆乳のカロリー自体は200mlで約100kcalと低いのですが、飲みすぎると太ってしまいます。

例えば、1回200mlを3杯飲めば、それだけで一般女性の1日に必要な摂取カロリー(1,500kcal)の5分の1にもなってしまいます。

200mlでも十分に効果はあるので、1日に飲む量は200mlに抑えておくといいですよ。

1番高カロリーな食事の前に飲む

kirei-shokuji1

脂質の吸収を抑える働きがあるので、1番高カロリーな食事を食べる前に飲むのがベターです。

200〜300kcal程度の食事で飲んでも、その効果はあまり発揮されませんからね。

逆に、800kcalくらいあるような食事の前に飲めば、吸収を大きく抑えたり、空腹感を抑えて食べ過ぎを抑える効果まで期待できますよ。

1日の総摂取カロリーを抑える

成人女性が1日に必要な摂取カロリーは約1,500kcalです。この摂取カロリーを超えないようにします。

豆乳が100kcalほどあるので、食事の総摂取カロリーは1,400kcal以内に抑える必要があるんです。

ちなみに、1,400kcalの食事だと以下のような食事ができますよ。

  • 朝:バターロール2個+マカロニサラダ=430kcal
  • 昼:トマトソースパスタ=580kcal
  • 夜:ざるそば=280kcal

これだけ食べても1,290kcalなので、選び方によっては空腹感もあまり感じなくて済みますよ。

筋トレを合わせるとさらに代謝アップ!

waist1

筋肉をつけると基礎代謝が上がって痩せやすくなるんですが、豆乳と筋トレは相性がとても良いです。

なぜなら、豆乳には良質なタンパク質が豊富で、筋肉の材料になるからです。

筋肉をつけるにはタンパク質が必要不可欠なので、豆乳と合わせることで良い筋肉をつけやすくなります。

女性ならバストアップ効果のある胸筋と、スッキル背中が手に入る背筋を鍛えて、同時に綺麗になっちゃいましょう♡

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの注意点

豆乳は、飲んだだけじゃ痩せません。

豆乳には確かにダイエットに効果的な働きがありますが、決して飲んだだけでスラスラ痩せるようなものとは違います。

痩せるためには、摂取カロリーがオーバーし過ぎないよう注意する必要があります。

食事の量を抑えるか、運動で消費カロリーを上げるかをプラスして痩せていくという意思が必要なんです。

おすすめレシピ

豆乳は美味しい飲み物でもないので、ダイエットに効果的なおすすめの飲み方をご紹介します。

きなこ+豆乳

  • きな粉
  • 豆乳
  • はちみつ(お好みで)

きな粉は大豆から作られているので、ダブルのパワーでさらに脂肪や糖分の吸収を抑えることができます。

また、きな粉には食物繊維がたくさん含まれているので、お腹が満腹になりやすい効果もあります。

甘みとしてはちみつを入れると、かなり飲みやすくなるのでおすすめですよ♡

青汁+豆乳

Reinaさん(@rei_521)が投稿した写真

  • 豆乳
  • 青汁

青汁といえば、健康食品の代名詞的な飲み物ですね。

その青汁と豆乳を混ぜることで、食物繊維がさらに豊富になり、豆乳では補いきれない栄養をカバーしてくれます。

しかも、カロリーがかなり低いので、青汁自体がダイエット向きなんです。

「青汁って美味しくないんじゃないの?」と心配されるかもしれませんが、最近の青汁は美味しいものが多いんですよ。

まとめ

豆乳ダイエットは、

  • 豆乳は1日200mlにしてカロリーを摂りすぎないようにする
  • 1番高カロリーな食事の前に飲むことで、より効果的に
  • 1日の総摂取カロリーを抑えることで、痩せやすく

この3つに気をつけると、痩せることが可能になります。

ただ飲んでいればいいというわけではありませんが、ホルモンバランスを整えたり鉄分が摂れるなど、痩せるだけではなく生理症状を改善する働きにも注目です。

何より「美人ホルモン」と同じ働きの大豆イソフラボンが豊富なので、女子力を上げたいという方は豆乳ダイエットで綺麗に磨きをかけてみてはいかがですか?

 - 豆乳, 飲み物 ,