これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

トマト寒天の作り方!低カロリー&リコピンでダイエットに最適

      2017/01/09

tomatokanten

ダイエットにピッタリの寒天ですが、ちょっとアレンジするだけでさらにダイエット向きの食べ物に大変身します。

それが「トマト寒天」です。

ここでは、トマト寒天の作り方をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

トマト寒天の作り方

hiromiさん(@o_hiromi_o)が投稿した写真

今回ご紹介するのは、簡単に作れるうえに300cc(プリン約3個)でカロリーはたったの37kcalという、超ダイエット向きレシピです。

トマトの成分もプラスされるので、嬉しいダイエット効果もプラスされてます。

トマト寒天の材料

  • 粉寒天:小さじ1杯 ※棒寒天なら1本
  • 常温の無塩トマトジュース:200cc ※小缶なら1本
  • 水:100cc

棒寒天を使う場合は、1日水に浸けてふやかしたものを用意し、細かく切っておくと溶けやすくなり調理しやすいですよ。

トマト寒天の作り方

手順1

まずは、1人暮らしで味噌汁を作るくらいの片手鍋を用意し、水と粉寒天(棒寒天)を入れて弱火で煮ていきます。

棒寒天を使う場合は、優しくかき混ぜながら溶かしていくと溶けやすくなりますよ。

手順2

沸騰してきたら、そこから2分間ほどかき混ぜながら完全に溶かしてください。寒天が溶け切っていないと、冷ますときに固まらないことがあります。

手順3

寒天が完全に溶け切ったら、火を止めてからトマトジュースを加えて混ぜます。

手順4

あとは、容器に入れて粗熱をとり、冷蔵庫に入れて1〜2時間ほど待てば完成です。

賞味期限的に、3日間くらいで食べてしまうようにしてくださいね!

ポイントはトマトジュース

このレシピのポイントは、生のトマトを使わずにトマトジュースを使うことです。

理由は、トマトに含まれる「リコピン」の量が、生よりも加工品の方が多く含まれているからです。

それに、トマトを細かく切ったりする手間もなく、サッと使えるので簡単に作ることができるのもポイントです。

注意点としては、冷やしたトマトジュースは使わないことです。入れたところから固まってしまい、全体が固まらなくなることがあります。

スポンサーリンク

食物繊維とリコピンでダイエットを促進

トマト寒天は、次の2つの効果でダイエットを手助けしてくれます。

  • 食物繊維で糖質や脂質の吸収を抑える
  • リコピンで脂肪を燃焼させやすくする

食物繊維で糖質や脂質の吸収を抑える

寒天に含まれる食物繊維は、腸の中で脂質や糖質の吸収を抑える働きをします。

脂質や糖質といえば「脂肪の素」になるものなので、食物繊維で太りづらくなるんです。

食物繊維を食べるタイミングは、効果を活かすために食事前がおすすめです。

リコピンで脂肪を燃焼させやすくする

トマトのリコピンには、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

成長ホルモンには脂肪を燃焼させやすくする効果があり、ダイエットにピッタリなんです。

ちなみに、成長ホルモンにはバストアップの嬉しい効果付きです。

まとめ

ただ寒天を食べるより、味も見た目も良くなるので、ダイエットがもっと楽しくなるメニューです。

低カロリーで食物繊維も摂れ、さらに脂肪を燃焼しやすくする効果まで至れり尽くせりのダイエット食です。

作るのも簡単ですし、主食やおやつにすればもっとダイエットがはかたどりますよ。

 - 寒天, 食べ物 ,