これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

トマトのダイエット効果は2つ!効果アップのコツなども

      2017/01/09

tomato

トマトはいいですよ〜。フルーツ感覚で食べられるうえに、ダイエットに嬉しい成分まで含まれています。

ここでは、トマトが持つダイエット効果についてご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

トマトのリコピンがダイエットに効果あり!

トマトがダイエットに効果的なのは、リコピンという成分が豊富に含まれているからです。

リコピンは、次のような効果でダイエットをサポートしてくれます。

  • 血行改善で代謝をアップ
  • 成長ホルモンの分泌を促進

血行改善で代謝をアップ

リコピンは高い抗酸化作用を持っているので、活性酸素をバンバンやっつけます。

活性酸素は、血液をドロドロにしたり細胞を傷つけたりする厄介者です。

その活性酸素が減ると、とうぜん血液はサラサラになって、体の隅々まで栄養が行き渡るようになります。

結果、栄養をもらった細胞が活発になって代謝が上がるというわけです。

ちなみに、リコピンの抗酸化作用は、同じ効果を持つビタミンEの100倍ともいわれています。

成長ホルモンの分泌を促進

ninoude-strech5

リコピンには、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

成長ホルモンは、脂肪を燃焼させやすくする効果があるので、ダイエットとの相性がバッチリです。

何より、脂肪を減らすことに直接働くため、成長ホルモンの多い・少ないでダイエットの成果は大きく変わります。

1分、1秒でも早く痩せたいなら、成長ホルモンのダイエット効果は見逃せませんよ。

寝る前に摂ると効果アップ!

成長ホルモンの分泌を最大限に発揮するなら、寝る前にリコピンを摂るのがベターです。

なぜなら、1日で分泌される成長ホルモンの70%が、寝ている間に分泌されているからです。どんどん促しちゃいましょう!

リコピンはアンチエイジングにも効果を発揮!

リコピンの抗酸化作用は、アンチエイジングにも高い効果を発揮します。

活性酸素が増えると、血管や細胞を攻撃して次第に衰えさせていきます。いわゆる「老化」です。

しかし、リコピンの高い抗酸化作用があれば、活性酸素を減らすことができ、肌はもちろん体内から若返ることができるってわけです。

よく運動する人、ストレスに弱い人は、特に活性酸素が増えやすいので、リコピンを積極的に摂るといいんですよ。

スポンサーリンク

リコピンをたくさん摂るコツ!

tomato1

加工品を選ぶ

リコピンは、生のトマトよりもトマトを加工した商品にたくさん入っています。

トマトジュースとかホール缶、ケチャップの方が、生よりもリコピンの量が多いんです。

火を加える

リコピンは、火を加えると吸収率がアップするという特性があります。

トマトを食べる場合は、なるべく焼いたり煮たりするといいですよ。

油と一緒に食べる

脂溶性といって、油と一緒に摂ると吸収しやすいという特徴があります。

生のトマトならドレッシングやマヨネーズと、ホール缶ならオリーブオイルと絡めてパスタにするといった調理法がおすすめです。

ちなみに、リコピンの吸収率が1番高くなるのはオリーブオイルです。

まとめ

トマトのダイエット効果は、

  • 血行改善で代謝を上げて痩せやすくする
  • 成長ホルモンの分泌を促し、脂肪を燃焼させやすくする

この2つで、どちらもリコピンによるものです。

実際に、テレビ番組のダイエット企画などでトマト料理を食べて痩せるというのもありますし、その効果はお墨付きですよ。

 - 野菜, 食べ物