これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

タバコがダイエットに与える4つの悪影響

      2017/10/28

tabaco

タバコは食欲を減退させてくれるからダイエットに良い。

こんな話を耳にしたことがあるかもしれませんが、そんな情報を信じて喫煙しているとダイエットに失敗するかもしれません。

ここでは、タバコがダイエットに与える悪影響をご紹介しています。喫煙者ダイエッターの方、もしくはタバコダイエットに興味を持っている方は参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

タバコがダイエットに与える悪影響

タバコがダイエットに与える悪影響には、主に以下の4つがあります。

  • 肺機能の低下によるダイエット効率ダウン
  • 代謝の低下
  • 肝臓に負担をかける
  • 味覚が鈍くなり摂取カロリーが増える

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

肺機能の低下によるダイエット効率ダウン

tabaco1

これは運動する方に言えることですが、タバコを吸うと、煙に含まれる有害物質の影響で肺の機能が低下します。

するとうまく酸素を取り込めなくなり、息切れが原因で運動量が減ってしまうことになります。

運動量が減るということは、必然的に運動による消費カロリーが減ってしまうことになるので、ダイエット効率の低下を招くことになります。

また、低下した肺の機能が回復するには数年かかると言われているので、その間も効率が下がることになります。

ダイエットに運動を取り入れようと思っている方は、まず手を出さない方が良いと言えますね。

代謝の低下

喫煙による肺機能の低下は、体の隅々まできちんと酸素を届けれなくなることにつながります。

細胞は活動するのに酸素を必要とするので、酸素供給量が減るということで細胞の働きが弱まるからです。

代謝は細胞の活動によって行われるので、そんなことになるとダイエットには好ましくありません。

また、代謝が低下するということはカロリー消費量が低下し脂肪を蓄えやすくなるということでもあります。

そのようなダイエットにおいて避けるべき状況を生み出すので、タバコはダイエットにとって悪影響ってわけです。

スポンサーリンク

肝臓に負担をかける

タバコにより摂取したニコチンやタールは、肝臓で分解・解毒されます。

なので、非喫煙者と比べて喫煙者の肝臓は余分な働きをすることになり、大きな負担をかけてしまいます。

肝臓は元々脂肪を分解する働きを持っているのですが、それらの負担が肝臓の本来の働きを阻害することになるわけです。

また、肝臓は基礎代謝(何もせずに1日で消費するカロリー)において、約27%もの割合をしめている最大の基礎代謝機関です。

しかし、その基礎代謝も分解・解毒作用のために働きが低下してしまいます。

ということはつまり、本来よりも脂肪を分解する量や基礎代謝が減ってしまうので、ダイエットにとっては大きな妨げとなるのです。

味覚が鈍くなり摂取カロリーが増える

tabaco2

タバコに含まれるニコチンやタールは、喫煙時に舌の味蕾に付着します。

味蕾というのは味を感知する役目を持っているのですが、ニコチンやタールが原因で鈍ってしまいます。

そうなると、どうしても濃い味を求めがちになってしまい、たくさん調味料を使うようになります。

結果、カロリーの高い調味料などを多く使うことになり、余分なカロリー摂取が原因で太りやすくなります。

また、調味料にはカロリーだけでなく糖分を多く含むものなどもあるので注意が必要です。

タバコには食欲減退以上のリスクがある

タバコを吸っていると食欲が抑えられるとよく言いますが、その効果は確かにあります。

タバコを吸うと血糖値が上がるため、脳が糖分を摂取する必要がない(お腹がすいていない)と判断するからです。

しかし、それは血糖値を下げるインスリンの働きを抑制するからであって、正常ではない非常に危険な血糖値の上がり方です。

それがきっかけで高血糖、もしくは糖尿病までもを引き起こす恐れがあるので注意が必要となります。

それほどリスクをはらむタバコを、ダイエットのために始めるなんてバカらしいですよね!

もっとラクに痩せたくありませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事はここまでですが、読んでみて、

  • タバコをやめて痩せるイメージがわかない
  • タバコをやめて本当に痩せるのか疑問
  • もっとラクに痩せる方法が知りたい

と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、私がチャレンジした1ヶ月で2キロ痩せるダイエット方法をおすすめします。

ハードな運動が苦手で、キツイ食事制限が嫌いな私でも、ラクに2キロ落とすことができました。

3〜4分あれば読めるので、よければチェックしてみてください。

>>運動せずに1ヶ月で2kg痩せるラクなダイエット方法!

まとめ

タバコがダイエットにもたらす悪い効果は、

  • 肺機能の低下によるダイエット効率ダウン
  • 代謝の低下
  • 肝臓に負担をかける
  • 味覚が鈍くなり摂取カロリーが増える

これら4つがあります。

タバコは百害あって一利なしです。それに、女性の大敵である肌の老化も引き起こします。

どうせならタバコなどに頼らずに、健康的で美しくダイエットに取り組みましょう!

 - NG