これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

リンパの流れが悪いとダイエットの妨げに!リンパの流れを良くする4つの方法!

      2017/01/09

kubiyase1

代謝をよくする方法はたくさんありますが、リンパの流れを良くすることもその1つです。

ここでは、リンパの流れを良くする方法をご紹介しています。ダイエットの効果を少しでも上げたいという方は参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

リンパの流れを良くする方法

運動をして筋肉を動かす

リンパは、血液と違って心臓のようなポンプの役目をする器官がありません。その代わりに、筋肉を収縮させることで流すことができます。

筋肉が収縮するときに、リンパ管をギュッと圧迫することで、中のリンパ液が流れるという仕組みです。

筋肉を収縮させるには、運動が1番です。

といっても、別にウォーキングなどの本格的な運動じゃなくてかまいません。

筋肉が収縮すればいいので、ストレッチやヨガといった、屋内でできる簡単な運動でOKです。

ハードな運動はNG!

ハードな運動をすると、乳酸が溜まって筋肉は固くなります。

すると、リンパの通り道が狭くなってしまうので、逆に流れづらくなっちゃうんです。なので、マラソンや長時間のランニングといった運動には注意してくださいね。

マッサージをする

waist4

リンパは筋肉の収縮で流れますが、マッサージをすることでも流すことができます。

いわゆる「リンパマッサージ」というやつです。

色んなマッサージ法がありますけど、よくわからないという方は、優しい力で体の至る所を心臓へ向かってさするだけでも効果があります。

リンパは体全体に張り巡らされているため、それでもある程度流すことができます。

そうすることで、筋肉が動いたときと同じように、リンパ管を刺激してリンパ液を流せるってわけです。

ちなみに、マッサージの力を強くすると毛細血管を傷つけてしまい、逆に流れが悪くなってしまうことがあるので注意してください。

やるときは、マッサージ用のクリームを使って、なるべく肌や血管に負担がかからないようにするといいですよ。

スポンサーリンク

身体を温める

体が温まると、血行が促進されるのと同じようにリンパの流れも良くなります。

理由は、体が温まることで筋肉が柔らかくなり、リンパが流れやすい状態になるからです。

それだけで、リンパ液がドンドン流れるわけじゃありませんが、日常生活で体を動かすときなどの流れやすさが変わります。

ちなみに、手っ取り早く温まるならお風呂が1番です。38度から40度のお湯に、15分くらい入ればOK!

また、お風呂で温まった状態のままリンパマッサージをすると、相乗効果でさらに流れやすくなりますよ。

しっかり水分をとる

hipdiet5

リンパは血液と同じで、水分が不足するとドロドロになり流れが悪くなるため、しっかり水分を摂ることが必要です。

人間は、1日に最低でも1.5リットルの水分が必要とされています。

多く感じるかもしれませんが、1.5リットルのペットボルを1本、1日かけて飲むだけなので難しくはないはずです。

また、水分をきちんと摂ることで、リンパが集めた老廃物を尿と一緒に排出しやすくなります。

老廃物が減ると、細胞の動きが活発になるので、代謝がアップして消費カロリーを伸ばす効果もありますよ。

リンパの流れが悪いとダイエットに良くない理由

リンパは、各細胞から出た老廃物や余分な水分を拾い集めて排出するため運びます。

このリンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分を溜め込むことになりむくみを引き起こします。

むくんだ部分はリンパだけでなく血行も悪くなり、細胞へ栄養が届きにくくなることから代謝が低下するのです

また、たまった老廃物は脂肪がつくので、セルライトの元にもなるため要注意です。

まとめ

リンパの流れを良くするには、次の4つをおこなってください。

  • 運動をして筋肉を動かす
  • マッサージをする
  • 身体を温める
  • しっかりと水分をとる

リンパの流れを良くすれば代謝もアップしますし、何よりむくみやセルライトを除去してスッキリとしたラインを手にいれることができますよ。

 - 代謝アップ ,