これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

リバウンドしないダイエットの4つのコツ

      2017/01/09

rebound

自己流でダイエットに取り組んだ結果、リバウンドで以前より太ってしまう方が多いです。

そんなのは絶対に避けたいですよね?

ここでは、リバウンドしないためのダイエットのコツをご紹介しています。ダイエットを棒にふりたくない方は参考にどうぞ!

スポンサーリンク

リバウンドしないダイエットのコツ

筋肉をつけて基礎代謝を上げる

これは、リバウンドしないダイエットの基本中の基本です。

というのも、リバウンドの原因の多くが、「元の食生活に戻したときに、カロリーを消費できていないこと」です。

じゃあ、元の食生活に戻してもカロリーを消費できるようにしてしまおうってわけです。

そのためには、消費カロリーの多い筋肉をつけるのが1番!

ライザップでも、ダイエットに成功した後リバウンドしないのは、しっかり筋肉をつけてるからです。

ちなみに、筋肉は基礎代謝のうちの40%近くをおこないますからね。

それだけ多くの割合を占めているので、鍛えたときの恩恵もそれだけ多くなりますよ。

>>基礎代謝を上げる効率的な3つの方法!筋肉・体温・食事を意識して痩せやすい体に!

長期でダイエットに取り組む

teitaiki7

短期間で痩せようとすると、どうしても体が慣れずにリバウンドしがちになってしまいます。

食事や運動にどうしても慣れず、ストレスなどが溜めやすくなることが原因です。

ストレスはコルチゾールというホルモンが分泌するのですが、インスリンを多くする働きを持っています。

するとエネルギーを蓄積しやすくなり、脂肪を溜め込みやすい体を作ってしまいます。

なので、長期間のダイエットに取り組み体を慣らすことで、ストレスを感じにくくすることがリバウンドしない体作りへと繋がるわけです。

>>ストレスはダイエットの天敵!ストレスがもたらす5つのマイナス効果

スポンサーリンク

軽い運動を習慣化する

ダイエットを効率よく行うなら運動は欠かせませんが、その運動を習慣化しダイエット期間外でも継続することがリバウンド抑制になります。

ダイエットを止めると同時に運動もやめると、筋力が落ちてしまい基礎代謝も落ちますからね。

筋力が落ちれば、血液やリンパの流れを悪くし、老廃物が留まったりセルライトがついたりと散々です。

なので、気軽にできるウォーキングなどの運動を習慣化し、ダイエット後も継続することでダイエットモードの体を維持するといいですよ。

適切な食事量に慣れる

waist2

短期的なダイエットでは、食事量に体が慣れきれず、普段の食生活に戻した際に食べ過ぎてリバウンドすることも珍しくありません。

また、体がエネルギーを吸収しやすくなっていて、脂肪を溜め込みやすいことも原因です。

なので、短期的な食事制限ではなく、長く時間をかけて適切な食事量に慣れる方が良いんです。

ちなみに、一般女性の1日に必要な摂取カロリーは約1,500kcalなので、それを目安とした食事内容に気をつけてくださいね。

リバウンドの原因

リバウンドの原因は主に2つで、

  • 食べ過ぎによる過剰摂取
  • 体が省エネモードになっている

このどちらか、もしくは両方が合わさることでリバウンドを引き起こします。

食べ過ぎによる過剰摂取

リバウンドする原因の1つが、単なる食べ過ぎです。

ダイエット中に無理な食事制限をしたり、過度な運動で痩せようとしたストレスで食べ過ぎることが多いです。

一般女性の平均摂取カロリー1,500kcalを忘れずに!

体が省エネモードになっている

hipdiet1

食べ過ぎでなくても、体が省エネモードになっていることが原因のパターンもあります。

ダイエットを始めると、減り続ける体重に歯止めをかけようとして、停滞期という期間に入ることがあります。

この停滞期は、消費エネルギーを減らし、なるべく多くのエネルギーを溜め込もうとするので、食事から普段以上にエネルギーを吸収します。

なので、1,500kcalの食事をしても多めに吸収してしまい太ってしまうわけです。

そのような時期にダイエットをやめないためにも、長期的なダイエットを行うと効果的なんです。

まとめ

リバウンドしないためには、

  • 筋肉をつけて基礎代謝を上げる
  • 長期でダイエットに取り組む
  • 軽い運動を習慣化する
  • 適切な食事量に慣れる

これら4つをダイエットに取り入れることで、リバウンドをしづらくなります。

せっかく痩せるのなら、ぜひリバウンドしない健康的な体作りを目指しましょう!

 - 代謝アップ