これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

痩せながら綺麗になれる?ピーマンのダイエットと美容効果がスゴい!

      2017/10/28

piment

「痩せながら綺麗になりたい!」そんな願いを叶える食材がピーマンです。

ただ苦くて健康にいいだけではなく、ダイエットをはじめる女性に嬉しい効果がたくさんあります。

ここでは、ピーマンのダイエット効果についてご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ピーマンのダイエット効果

脂肪燃焼効果で脂肪を減らす

カプサイシンという成分を聞いたことありませんか?唐辛子に入っている辛い成分です。

ピーマンは唐辛子の仲間なので、このカプサイシンを持っています。

では、カプサイシンがどう作用するかというと、アドレナリンを分泌させて脂肪を燃やしてくれるんです。

脂肪を燃やすには多くのカロリーを消費しないといけないので、食べ物による燃焼サポートは大切ですよ。

基礎代謝を上げる効果

ninoude-strech3

カプサイシンのもう1つの効果に「体温を上げる」ことがあります。辛いものを食べたらポカポカしますよね?あれです。

体温が上がると、基礎代謝という「何もしなくても勝手に消費するエネルギー」が増えます。

その割合は、体温1度につき15%と言われています。

女子は筋肉が少なく冷え性の方が多いので、カプサイシンで体温を上げればかなり痩せ効果が期待できますよ。

血行促進効果で消費カロリーアップ

ピーマンには「ビタミンE」と「カプサイシン」、2つの血行促進成分が含まれています。

血行が良くなると、筋肉や内臓が活発になります。なぜなら、栄養がたくさん届くようになり元気になるからです。

すると、それだけエネルギーを消費するようになるので、1日の消費カロリーの底上げができるんです。

基礎代謝の割合は、内臓と筋肉だけで約90%にも昇るのでバカにできません。

ちなみに、同じピーマンでも、赤ピーマンは緑の5倍以上もビタミンEを含んでいるんですよ。

スポンサーリンク

美容に良いビタミンCがトップクラス!

tonyu1

ピーマンは、野菜の中でもビタミンCの多さがトップクラスです。赤ピーマンだとレモンの1.7倍にものぼります!

ビタミンCといえば、

  • コラーゲンをたくさん作る
  • 肌のアンチエイジング
  • シミを減らす
  • ニキビ予防
  • 紫外線対策

このように、キレイを目指す女子なら見逃せない効果ばかりあります。

コラーゲンは食べ物から摂取できないので、ビタミンCをたくさん摂って体内で作ることが大切です。

ちなみに、同じ苦い野菜の「ゴーヤ」もトップクラスのビタミンCとダイエット効果を持っていますよ。

>>脂肪を燃やす!ゴーヤのダイエット効果や食べ方のコツなど

1日にどれくらい食べると良いの?

どれくらい食べればいいかは、人それぞれの食生活によって左右されるので、明確にこれだけという決まりはありません。

ただ、ピーマンをメインに食べる場合は、1日に4〜5個ほど食べるといいですよ。

そんなに毎日4、5個もピーマン食べたくないって方は、他の野菜も色々食べてバランスをとってくださいね。

もっとラクに痩せたくありませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事はここまでですが、読んでみて、

  • 痩せるイメージがわかない
  • 本当に痩せるのか疑問
  • もっとラクに痩せる方法が知りたい

と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、私がチャレンジした1ヶ月で2キロ痩せるダイエット方法をおすすめします。

ハードな運動が苦手で、キツイ食事制限が嫌いな私でも、ラクに2キロ落とすことができました。

3〜4分あれば読めるので、よければチェックしてみてください。

>>運動せずに1ヶ月で2kg痩せるラクなダイエット方法!

まとめ

ピーマンのダイエット効果には、次のようなものがあります。

  • 脂肪が燃えやすくなる
  • 基礎代謝が上がる
  • 血行促進で消費カロリーアップ

唐辛子の仲間なのでカプサイシン効果が大きく、辛いのが苦手という方でも食べることができる食材です。

トップクラスのビタミンC含有量なので、ピーマンは美しく痩せることができる女子必見の食材です。

 - 野菜, 食べ物 ,