これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ぺこちゃんが-8kgのダイエットに成功した方法!ダイエット苦手な人でもOK?

      2017/01/09

今テレビにひっぱりダコの人気タレント「ぺこちゃん」ことオクヒラテツコさんが、-8kgものダイエットに成功しています。

しかも、元々ダイエットが大の苦手なのに、1〜2ヶ月という期間で痩せたというから驚きです。

ここでは、ぺこちゃんが-8kgのダイエットに成功した方法をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ぺこちゃんのダイエット法

ぺこちゃんがダイエットで実践した方法は次の通りです。

  • 18時以降は食べない
  • 炭水化物を食べない
  • 無理せずできる範囲の運動
  • 毎日マッサージを欠かさない
  • 毎日体重・食べた物をメモ

18時以降は食べない

夕飯は早めに済ませて、できるだけ18時以降は食べないようにしたそうです。

夜といえば、ほとんど活動せず寝るだけの方も多いので、消費カロリーが伸び悩む時間帯でもあります。

なので、夕飯を早く済ますことでできるだけカロリーを消費し、消費の落ちる夜でも太りづらくするのが狙いです。

また、食べるものは豆腐やサラダといったヘルシーなものにし、しっかりカロリーを抑えているのもポイントです。

はじめはお腹が空いたそうですが、お茶や水を飲めば空腹を紛らわすことができたとのことですよ。

炭水化物を食べない

白ご飯をはじめ、麺やパン類も食べなかったそうで、代わりにお肉を食べていたとのことです。

一応セブンイレブンのサラダチキンをメインに、朝はハンバーグを食べたり、夜は豆腐のキムチ乗せやサラダを食べて、しっかり調整しています。

ただし、炭水化物から得られるブドウ糖は、脳の唯一の栄養源なので、全く摂らないと頭が働かなくなることもあるため注意してくださいね。

無理せずできる範囲の運動

毎日行っていたわけじゃなくて、仕事終わりや時間があるときにジムへ行って1時間ウォーキングをしていたそうです。無理せずできる範囲というのがポイントです。

それに加えて、気が向いたときだけ寝る前に腹筋をやっていたとのこと。

あくまでも“気が向いたら”ということで、こちらも毎日ではなく、とにかく自分を縛らないようにやっています。

義務的になり嫌になっては意味がないので、上手に力を抜くことが運動を続ける秘訣なのかも。

スポンサーリンク

毎日足のマッサージを欠かさない

運動は毎日していませんが、足のマッサージは毎日欠かさないそうです。

太ももとふくらはぎを、リファ(コロコロ)のような器具を使うのと、太ももを手で絞るように揉むという2つをやっているんだとか。

コロコロは血行促進とリンパの流れを良くするので、むくみ解消効果があります。

また、太ももを手で揉むことによって、セルライトを予防・分解してスッキリと細くする効果も期待できるんですよ。

実際に、1〜2ヶ月前との比較写真を見ると足の太さが全然違っていますから、効果は高いといえます。

毎日体重・食べた物をメモ

きちんと毎日体重と食べた物をメモしていたそうです。いわゆるレコーディングダイエットです。

毎日書くことで再確認し、ダイエットの意志をしっかり保つことができるので、ダイエットの持続力を上げる効果があります。

それに、減っていく体重を見てモチベーションを上げる効果も期待できます。

ぺこちゃんは、マネージャーさんに体重と食べた物を送っていたそうです。誰かに見られているという気持ちになるので、家族や恋人にチェックしてもらうのも良いかも!

特別なことは一切なし

okara4

以上が1、2ヶ月で8kgのダイエットに成功した方法ですが、実は特別目新しいことは1つもしていません。

適度に運動をして、夕方18時以降は何も食べず、マッサージなどを行い、体重と食事の管理を行っただけです。

どれもダイエットにおける基本的なことばかりです。

つまり、ダイエットの基本さえきちんと守ることができれば、高確率でダイエットを成功させることができるというわけです。

似たようなダイエットだと、西野カナちゃんも-7kgのダイエットに成功していますよ。

ちなみに、ペコちゃんのブログでは「焦らずにゆっくりとした気持ちで取り組むことが大切」と書かれていました。見失いがちだけど、とても大切なことですよね。

まとめ

ぺこちゃんのダイエット法は次の通りです。

  • 18時以降は食べない
  • 炭水化物を食べない
  • 無理せずできる範囲の運動
  • 毎日マッサージを欠かさない
  • 毎日体重・食べた物をメモ

なに1つ目新しいことはせず、とにかくダイエットの基本を忠実にこなした結果が-8kgです。

1、2週間という短いスパンではなく、1〜2ヶ月という長いスパンでダイエットに取り組めるなら、実践の価値はありますよ。

 - 芸能人