これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

コツをおさえればパスタもOK!パスタをダイエット中に食べてもいい理由

      2017/01/09

pasta

パスタは炭水化物だからダイエット中は我慢!なんて避けられがちですが、食べてもいいんですよ。

ここでは、パスタをダイエット中に食べても良い理由をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

パスタをダイエット中に食べても良い理由

パスタをダイエット中に食べていい理由は、炭水化物なのに太りづらいからです。

炭水化物なのに太りづらいなんて、聞きなれませんよね?少しご説明したいと思います。

食べ物には「GI値」という数字があって、これは糖質がどれだけ吸収されやすいかを示したものです。

詳しく説明すると、少し難しい話になるので「高ければ高いほど太りやすい」くらいで覚えておいてください。

ちなみに、上限値が100なのに対して、パスタのGI値は「65」です。

少しイメージしづらいかもしれませんが、食パンが「91」、白ご飯が「81」なので、これらよりはかなり太りづらい数字となっています。

豊富な食物繊維でダイエットをサポート!

パスタには、キャベツの1.5倍もの食物繊維が含まれているので、ダイエットをサポートしてくれる効果もあります。

パスタの食物繊維は、約1/3が「水溶性食物繊維」というものです。

水溶性食物繊維は、名前の通り水に溶けて、胃の中でドロドロになって腸へと運ばれます。

すると、腸の中で脂質や糖質が吸収されるのを抑えてくれます。つまり、脂肪の元を減らすってわけです。

ちなみに、ドロドロのままゆっくり進んでいくので、お腹が空きづらくなり、間食を減らす効果も期待できますよ。

スポンサーリンク

パスタを食べるときの4つのコツ

パスタだけを食べない

当然ですが、いくら低GIといってもパスタだけをたくさん食べると太ります。

なので、食べるときはサラダやスープを一緒に食べてください。

他の食材でお腹を膨らませれば、普通の量のパスタでも十分満足することができます。

食べる順番に気をつける

先ほど、サラダやスープを一緒に食べると言いましたが、食べる順番も大切です。

  1. スープ
  2. サラダ
  3. パスタ

この順番で食べると、血糖値の上昇を緩やかにできるので、脂肪がつきにくくなります。

もしも、スープやサラダがない場合は、その他の野菜やたんぱく質なんかを先に食べるといいですよ。

ソースはトマト・オイル系を選ぶ

chiaseed3

パスタに絡めるソースは、トマトソースやオイル系を選ぶのがベターです。

トマトソースにはリコピンが入っているので、多少ですが脂肪を燃えやすくする効果が期待できます。

また、オイル系なら腹持ちが良くなり、普通に食べるよりもお腹が空きづらくなります。間食を抑えることができるかも!

冷めたものを食べる

パスタは温かいうちにと思うかもしれませんが、ダイエットの場合は冷まして食べると効果的です。

その秘密は、パスタの成分でもあるでんぷんがレジスタントスターチ(消化されにくいデンプン)へ変わることにあります。

「消化されにくい=腸で吸収されづらい」ということなので、結果的に太りづらくなるんです。

ちなみに、先ほどまでのコツも含めると「トマトの冷製パスタ」なんかが、ダイエットにはとても向いてますね。

まとめ

パスタをダイエット中に食べても大丈夫な理由は、食物繊維の豊富な低GI食品だからです。

もしダイエット中に炭水化物食べたいな〜と思ったときは、上気のコツをおさえながら食べてみてくださいね!

 - 食事法