これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

夏に太ってしまうのはなぜ?夏太りの原因と解決法

      2017/01/09

natsubutori

夏太りってできれば避けたいですよね〜。汗をかいて食べ物も食べ過ぎていないのに、なぜか太ってしまうなんて最悪です。

ここでは、夏太りの原因と解決法をご紹介しているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

夏太りの原因は?

夏太りの原因は1つじゃありません。主に次の4つが原因となっています。

  • 偏った食生活
  • 体の冷え
  • あまり動かなくなる
  • 自律神経の乱れ

偏った食生活

夏は暑さの影響で、そうめん、ざるそば、冷やし中華とった「冷たいメニュー」をついつい食べたくなりますよね。

実は、これが夏太りの原因になるんです。

このような偏った食生活が続くと、ビタミンB群をはじめとする栄養が足りなくなってしまい、代謝が下がってしまいます。

代謝が下がれば、食べ物の栄養をエネルギーに変えることができないので、脂肪として蓄えやすい体になってしまうってわけです。

食事は体作りの基本ですからね。バランスの良い食事が大切です。

体の冷え

冷房の効いた部屋で冷えたドリンクを飲むと、ひんやりして暑さを忘れることができます。その結果起こるのが「体の冷え」です。

体の表面はクーラーで、内部は冷たい飲み物で冷やされて、体が冷え性のような状態になってしまいます。

そうすると、血行が悪くなり、代謝が下がってしまいます。

また、体が冷えることで皮下脂肪がつきやすくなるため、脂肪をつきやすくしてしまうマイナス効果も生まれます。

夏に食べやすいそうめんや冷やし中華なども、体を冷やす原因になるので食べ過ぎには注意してくださいね。

あまり動かなくなる

taiju-stop4

暑いとダルくなってあまり動きたくなくなりますよね。汗もかきやすいので、余計に動かなくなります。

そうなると、運動量が減るので、当然消費カロリーが落ちてしまい太りやすくなるんです。

自律神経の乱れ

夏の冷房の効いた部屋と外では、大きな温度差があるので、自律神経が頻繁に体温調整を行います。

そうすると、だんだんと自律神経が乱れはじめてきます。

自律神経が乱れると、体温調整が上手にできないのはもちろん、体全体が上手に機能しなくなります。

つまり、代謝が落ちてしまい太りやすい体になってしまわけです。

スポンサーリンク

夏はそもそも消費カロリーが落ちやすい

夏太りには先ほどのような原因がありますが、そもそも夏は消費カロリーの落ちやすい季節だとご存知ですか?

「恒常性」といって、環境の変化に対して体の内部を正常に保とうとする機能があります。体温もその1つです。

冬は、外が寒いので体温が下がり過ぎないように、ある程度代謝を促して熱を生産します。

ですが、気温と体温に差がない夏は、体温を上げるための熱を作る必要がないので、代謝が上がらないんです。

だからと言って太ることにはなりませんが、他の季節と比べると痩せづらい原因になっているんですよ。

夏太り対策

食事内容に気をつける

kettouchi1

食事は、そうめんばかりや飲み物ばかりといったものは避け、しっかりとバランス良く食べるようにしてください。

中でも、不足することで代謝が落ちてしまうビタミンB群を意識して摂ると良いですよ。

夏が旬の食べ物でもある、

  • ゴーヤ
  • トウモロコシ
  • 枝豆
  • スイカ

これらの野菜がピッタリです。

ちなみに、ビタミンB1には疲労回復の効果もあるので、夏バテ予防にも効果があるんですよ。

体を冷やさないようにする

体を冷やさないように、できるだけ冷たい食べ物や飲み物は避け、温かい物を摂るようにします。

さすがに暑い中で温かい飲み物は飲めないという場合は、常温の飲み物にすると良いですよ。

また、食べ物以外では入浴も効果的です。

お風呂は血行促進に効果的なので、冷え性を改善して体温を正常に保つ効果が期待できます。

夏は暑いので、のぼせずに入れる半身浴がおすすめですよ。

>>半身浴の効果とやり方!ダイエットに意味はある?

屋内で良いので適度に運動する

外での移動や歩く距離は、無理に伸ばす必要はありません。その分の運動を、屋内でやればOKです。

屋内なら、エアコンをつけて快適な環境で運動できるため、動くのも苦にならないはずです。

屋内でおすすめの運動としては、

  • 踏み台昇降運動
  • ステッパー
  • フラフープ
  • エアロバイク
  • エア縄跳び
  • 足踏み

などがあります。

ちなみに、この中で最も消費カロリーが多いのがフラフープで、10分で100kcal(ウォーキング30分と同等)を消費します。

自律神経を整える

senaka1

自律神経を整えるには、睡眠がとても効果的です。

起きている間は「交感神経」が優位になり、寝ている間は「副交感神経」が優位になります。

この2つをスイッチさせることで、両方の神経をしっかり働かせて整えるんです。

睡眠の他にも、お風呂に入ったり適度な運動をすることでも、自律神経を整える効果が期待できますよ。

まとめ

夏太りの原因は次の通りです。

  • 偏った食生活による栄養不足
  • 体の冷えによる代謝の低下
  • あまり動かなくなることによる消費カロリー減
  • 自律神経の乱れによる代謝の低下

これが原因なので、それぞれをしっかりと解決してあげると、夏太りせずに夏を過ごすことができますよ。

食べる物は食べて、しっかりと睡眠をとり、適度に運動し、体を冷やさないようにしてくださいね。

 - 代謝アップ