これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ダイエット中に胸痩せしないための5つの方法

      2017/01/09

muneyase

女性がダイエットに取り組むうえで気になるのが「胸痩せ」ですよね?

よくダイエットで胸まで痩せてしまったという話を聞きますが、しっかりと予防策をとれば胸痩せせずに痩せることができます。

ここでは、ダイエット中の胸痩せを防止する方法をご紹介しています。ダイエットにより胸を小さくしたくない方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

胸が大きくなる仕組み

そもそも胸はどのようにして大きくなるか知っていますか?

基本的には、女性ホルモン(プロゲステロン・エストロゲン)の働きによって大きくなるとされています。

胸が大きくなる仕組みは大体以下の通りで、

  1. 女性ホルモンが分泌される
  2. 体が丸みを帯びはじめる
  3. 乳腺が発達し胸に脂肪を蓄えやすくなる

多くの場合がこのようにして大きくなります。

また、女性ホルモンの他に成長ホルモンにも胸の発達を助けることがあり、この2つに注意すればバストアップに期待できます。

ちなみに妊娠して胸が大きくなるのは、女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌により乳腺が発達し、それに伴って胸の脂肪も多くなるからです。

バスト維持に効果的な5つの方法

ダイエットをやりながら、なおかつ胸を維持するためには以下の5つが効果的です。

  • 大豆製品を摂る
  • 鶏胸肉を食べる
  • 胸筋を鍛える
  • 状況にあったブラを着ける
  • きちんと睡眠をとる

この5つに注意しながらダイエットを行えば、胸を小さくさせずに体重も落とすことが可能になります。

大豆製品を摂る

muneyase3

豆腐や豆乳などに含まれるイソフラボンを摂取することで、胸の発達を促進することが可能です。

イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれ、女性ホルモンと似た成分となっています。

なので、イソフラボンを摂取することにより女性ホルモンが作用するのと同じような効果を期待できるわけです。

ちなみに、年齢が高ければ高いほど女性ホルモンの分泌量が少なくなるので、イソフラボンの効果がわかりやすくなります。

嬉しい効果はバスト維持だけじゃない!

大豆には胸を維持する他にも、女性にとって嬉しい効果がいくつもあります。

  • 脂肪燃焼を促進してくれる
  • 食べ過ぎを抑える
  • 整腸作用がある
  • コレステロールを下げる
  • 美肌効果に期待できる

これらの効果があるので、大豆はダイエットや胸の維持をはじめ女性にとっては嬉しい食べ物なんです。

鶏胸肉を食べる

ダイエットにおいて、胸を維持するにはタンパク質が欠かせません。

理由は、女性ホルモンの分泌にタンパク質が必要不可欠で、タンパク質が不足すると胸が痩せる原因にもなるからです。

そこで、高タンパクで低カロリーの食材が鳥の胸肉です。男女関係なくダイエット中の食材にピッタリだと言われています。

ボディービルダーやボクシングをしている人は、鳥の胸肉しか食べないんだとか。

必要最低限の筋肉維持のためにも鶏胸肉は効果的なので、ダイエット期間中はなるべく鶏胸肉を食べるようにしましょう!

スポンサーリンク

胸筋を鍛える

胸は主に乳腺と脂肪でできていますが、その下地に胸筋があります。

この胸筋を鍛えることで、少しのバストアップ効果と形を整える美バスト効果が期待できます。

それに、胸を支えているクーパー靭帯を助ける働きもあるので、美しい胸をキープしたいなら必ず鍛えておきたい部分でもあるんです。

手を前で合わせて力を入れたり腕立て伏せなどで鍛えることができるので、いつでも簡単に鍛えることができます。

状況に合ったブラジャーを着ける

muneyase6

これはダイエット中に限ったことではありませんが、その時の状況に合ったブラをすることは大切です。

でないと、クーパー靭帯が伸びる、もしくは切れて垂れてしまうということが起こります。

なのでランニングやジョギングなどの揺れる運動ではスポーツブラを、家でできる運動の際もノーブラは避けるなどの注意をすれば、胸の形や大きさを維持することが可能です。

もちろん寝る際にもきちんとブラを着用するようにしてくださいね!大切なのは、胸を余計に動かさないということです。

きちんと睡眠をとる

胸を大きくするのに必要な「成長ホルモン」は寝ている間に多く分泌され、その量は1日に分泌される量の約7割にものぼると言われています。

なので、夜更かしなどをせずにきちんと睡眠時間を確保することは、胸を維持するためにも必要な行動なんです。

また成長ホルモンには肌を美しく保つ効果もあるので、胸の維持だけでなく美肌を目指す女性には大切です。

バスト維持や健康、美容のためにも最低でも6時間の睡眠は確保するようにしましょう!

まとめ

胸が痩せないようにダイエットするためには、

  • 大豆製品を摂る
  • 鶏胸肉を食べる
  • 胸筋を鍛える
  • 状況に合ったブラを着ける
  • きちんと睡眠をとる

これら5つに気をつけるようにしましょう。

また、ダイエットが終了してからも継続していけばバストアップに期待できるので、胸のサイズが気になっている方におすすめですよ。

胸を小さくしてしまう4つのNGダイエット方法も参考にして、女性憧れの美バストを手に入れましょう!

 - 部分痩せ , ,