これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

胸痩せしない?Mプランダイエットの効果や方法

      2017/01/09

mplandiet

ダイエットしたいけど胸は痩せたくないという、多くの女性の願いを叶えてくれるのがMプランダイエットです。

ここでは、Mプランダイエットの効果や方法についてご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Mプランダイエットとは?

Mプランダイエットは、1日1食をマッシュルームを使った料理に置き換えるダイエット法です。

Mプランダイエットの「M」は、マッシュルームのMです。

バストをキープしながら痩せられるということで海外セレブに人気があり、歌手のケイティ・ペリーさんが取り組んだダイエットとして有名になりました。

KATY PERRYさん(@katyperry)が投稿した写真

他にも、独特のファッションセンスで若者から支持のあるケリー・オズボーンさんも取り組んでいます。

ちなみに、ケリー・オズボーンさんの場合、この手法も取り入れたダイエットで、1年半の間に32kgものダイエットに成功したそうです。

Mプランダイエットの効果

Mプランダイエットの効果は、お腹の脂肪を減らしながらダイエットができることです。

マッシュルームに含まれる「キノコキトサン」という成分が、内臓脂肪に働きかけて脂肪を燃焼しやすくします。

さらに、脂肪の吸収を抑える効果もあるので、太りづらい体作りもできます。

なので、お腹の脂肪を減らして太りづらくすることで、すっきりしたウエストをゲットできるんです。

また、マッシュルーム1個のカロリーはたったの1kcalしかありません。

低カロリーなマッシュルームを料理に使うことで、食事による摂取カロリーを減らす狙いもあります。

Mプランダイエットの方法

  • マッシュルームは1食5個を目安に食べる
  • 過食・間食はしない
  • 最低2週間続ける

上記のことを守りながら、朝か夜の1食をマッシュルームを使った料理に置き換えます。

ポイントは、キノコキトサンを十分に摂るために、1食で5個のマッシュルームを食べるようにすることです。少ないと効果が期待できません。

料理方法は自由で、煮る・蒸す・炒めるなど好きな食べ方ができます。なので、飽きずにダイエットすることができると思います。

また、薬と違って即効性がないので、最低でも2週間は続けることが大切です。

当たり前ですが、食べ過ぎや間食は太る元なので避けるようにしてくださいね。

おすすめレシピ「ポテトのマッシュルーム炒め」

mplandiet1

材料

  • マッシュルーム:5個
  • じゃがいも:2個
  • ウインナー:2本
  • にんにく:1片
  • オリーブオイル:大さじ4杯
  • 塩・コショウ:少々

手順1

じゃがいもをひと口大にカットし、柔らかくなるまで茹でた後、水を切ります。

手順2

フライパンにオリーブオイルを大さじ2杯とマッシュルーム、適当な大きさにカットしたウインナーを入れて炒めます。ある程度火が通ったら、皿に取り出します。

手順3

そのままのフライパンに、残りのオリーブオイル2杯を加え、潰したにんにくとカットしたじゃがいもを入れて、カリッとなるまで炒めます。

手順4

皿に取り出していた「手順2」の具をフライパンへ戻し、サッと炒め合わせて塩・コショウで味を調えれば完成です。

スポンサーリンク

Mプランダイエットの嬉しい効果

毎日マッシュルームを食べるので、キノコ特有の菌と食物繊維による腸内環境の改善も期待できます。

いわゆる、今流行りの「菌活」というやつです。

>>菌活ダイエットにおすすめの食材は?きのこが最強?

腸内環境が良くなると体の中から悪い物が無くなるので、細胞が活性化して代謝がアップし、痩せやすい体になります。

便秘の方は、便によるポッコリお腹の解消にもなるので、お腹周りをさらにスッキリさせることができますよ。

Mプランダイエットはなぜ胸痩せしないの?

ダイエットに取り組むと、胸から痩せていくという方が多くいらっしゃいます。理由は、胸のほとんどが脂肪だからです。

ですが、先ほどご紹介したように、Mプランダイエットはキノコキトサンを摂ることで内臓脂肪の燃焼を促進します。

つまり、本来なら胸の脂肪が燃えるところが、代わりにお腹の脂肪が燃えてくれるといわけです。

だから、バストをキープしたままお腹周りのダイエットができるんです。

胸痩せを防ぐおすすめ食材

tonyu

胸痩せを防ぐ食材を一緒に食べることで、よりバストをキープしやすくなります。

特におすすめなのが、「大豆製品」と「鶏胸肉」です。

大豆製品

胸は、女性ホルモンが働きかけることで成長・維持されます。

その女性ホルモンと似た働きをするのが、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」です。

納豆や豆腐、豆乳などに多く含まれています。

鶏胸肉

女性ホルモンの元になるのが、たんぱく質です。たんぱく質が足りないと、女性ホルモンが作られないので胸が維持できません。

そこでおすすめなのが、高タンパクで低カロリーな鶏胸肉です。Mプランダイエットを行うなら、ぜひ一緒に摂りたい成分ですよ。

まとめ

Mプランダイエットの効果は、キノコキトサンの効果によって内臓脂肪を燃えやすくし、お腹周りの脂肪を落とすことです。

また、お腹の脂肪が燃えやすくなることで、胸の脂肪を落とさずにダイエットすることができます。

他にも、運動するときはスポーツブラを着けたり、大豆イソフラボンやたんぱく質を摂ると、さらにバストキープができますよ。

 - 食事法 ,