これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

朝フルーツダイエットの効果や取り組み方

      2017/01/09

morningfruit

朝食をフルーツに変えるダイエットはいいですよ〜、低カロリーで痩せやすいですし、食べるのに時間もかかりません。

  • 楽して痩せたい
  • 朝バタバタしてしまう

こんな女性に朝フルーツダイエットは向いています。

ここでは、朝フルーツダイエットの効果や取り組み方をご紹介しているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

朝フルーツダイエットの効果

朝フルーツダイエットの効果は次のとおりです。

  • フルーツは脂肪になりづらい
  • ご飯やパンと比べてカロリーが低い
  • アンチエイジング効果もあり

フルーツは脂肪になりづらい

ご飯やパンには「ブドウ糖」、フルーツには「果糖」が多く含まれています。フルーツがあんなに甘いのも果糖によるものです。

この果糖は、肝臓でほとんど代謝され、すぐエネルギーとして使用される性質を持っています。

つまり、脂肪を蓄えにくいってことです

もちろん、いくらフルーツでも過剰摂取すれば太ってしまいます。朝からフルーツのドカ食いには注意してくださいね!

朝食に最適な量は、後ほど詳しくご紹介いたします。

ご飯やパンと比べてカロリーが低い

フルーツには甘いものが多いですし、バナナなんかカロリー高そうなイメージありませんか?

でも、実際には全体的に低カロリーで、ご飯やパンと比べるとかなり低いです。

ご飯は、お茶碗1杯(150g)で約250kcal、食パンなら1枚(60g)で約158kcalになります。

じゃあフルーツの中でも高カロリーなバナナはというと、1本(80g)で約69kcalしかありません。

2本食べても食パン1枚分にすら届かないので、とても低カロリーなんです。

カロリーが低いということは、それだけ食べても太りづらいので、朝ごはんをフルーツに変えるダイエット効果は大きいんです。

アンチエイジング効果もあり

フルーツには、ビタミンC、ビタミンE、酵素といった成分がたくさん含まれています。

これらの成分には高い抗酸化作用があり、老化の原因になる活性酸素を減らす働きがあります。

なので、アンチエイジング(若返り)効果があるんです。

朝は栄養を吸収しやすくなっているので、朝食に食べると最も美容効果を得ることができるんですよ。

スポンサーリンク

朝フルーツダイエットの取り組み方

朝フルーツダイエットの取り組み方は、朝起きてから150kcal分のフルーツを食べるだけです。

量で表すなら、バナナは2本、りんごなら1個と1/4かけなので、結構なボリュームになります。

これなら、朝食がフルーツだけでもお腹いっぱいになりそうじゃないですか?

好きなだけ食べていいといわれてるところもありますけど、ダイエットはカロリーを抑えるのが基本なので、できるだけ低い方がいいです。

ちなみに、食べるときのワンポイントアドバイスがあって、「常温」で食べるようにするといいですよ。

冷たい食べ物は、体を冷やして脂肪を溜めやすくするので、できるだけ冷たくないほうがダイエットには良いんです。

朝食におすすめのフルーツ

フルーツにはたくさん種類がありますが、中でもおすすめのフルーツはりんご、バナナ、キウイの3つです。

それぞれの効果は、次のとおりです。

  • りんご…ケルセチンという成分が脂肪を燃焼
  • バナナ…食物繊維で腹持ちバッチリ
  • キウイ…ビタミンCやビタミンEで美容効果抜群

ダイエットをスピードアップさせたいならりんご、空腹が心配ならバナナといった感じで食べ分けるといいですよ。

おすすめレシピ

apple

朝フルーツダイエットのおすすめレシピは、フルーツを数種類ミックスさせるフルーツボウルです。

先ほどのおすすめフルーツ3つを、ミックスしちゃいましょう。

  • りんご…1/4個 ※皮ごと
  • バナナ…1本
  • キウイ…1個

これでちょうど150kcalくらいです。それぞれ好きな大きさにカットして、朝食として食べてください。

脂肪燃焼・美容効果・腹持ちの良い、朝フルーツの完成です。

ジュースにしてもOK!

朝から食べ物を食べるのがツライ〜、という方はジュースにして飲むのもありです。

スムージーにすれば、栄養や成分がほとんどかわらず、効果そのままで飲みやくなります。

ただ、消化が良くなるので、そのまま食べるよりはお腹が早く空くかもしれない点に注意です。

まとめ

朝フルーツダイエットの効果は次のとおりです。

  • フルーツは脂肪になりづらい
  • 体が活発になることで代謝がアップ
  • ご飯やパンと比べてカロリーが低い

白米やパンと比べると、脂肪はつきにくいしカロリーは低い、体も元気になりやすいとメリットだらけです。

今までしっかり朝ごはんを食べてた方は、最初の数日はお腹が空くかもしれませんが、1週間もすれば慣れてきます。

フルーツは季節関係なく手に入るものも多いので、年中続けることができるのもポイントです。

 - 果物, 食べ物