これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

もち麦がダイエットにいい理由とは?ダイエット方法なども

      2017/01/09

e4ac9d787972ef7a4bd3cdde5cbca176_s

食べるだけで痩せると、今話題のダイエット食材が「もち麦」です。

もち麦を使ってダイエットすれば、食事制限をする必要もないですし、運動もする必要がありません。

でもそんなことあるの?と疑問にもなりますよね。

そこで今回は、もち麦がダイエットにいい理由をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

もち麦がダイエットにいい理由とは

もち麦がなぜダイエットにいいかというと、もち麦を食べることで糖質の吸収を抑えることができるからです。

私たちの腸内には、ファーミキューテスという細菌がいて、この菌が多いと糖質の吸収量が増えてしまいます。太りやすくなる菌と覚えてください。

ファーミキューテスは、βグルカンという食物繊維を摂ることで、減らすことができます。

そのβグルカンを豊富に含んでいるのが、もち麦なんです。

もち麦には、白ごはんの24倍以上も食物繊維が含まれていて、βグルカンの量もかなり多いです。

だから、もち麦を食べると太りづらくなるため、ダイエットに効果的とされているんです。

βグルカンにはコレステロールを減らす作用も!

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

先程のβグルカンには、コレステロールを減らす効果が期待できます。

コレステロールが増えると、血液の流れを悪くします。いわゆるドロドロ血液の状態です。

この状態だと、流れが悪いせいで細胞へ栄養が運ばれにくくなります。

ですが、コレステロールを減らすことができれば、血液の流れは良くなり、細胞へしっかり栄養が届くようになります。

すると、元気になった細胞がどんどん働くことで代謝もアップし、ダイエットにつながるというわけです。

さらにお通じ改善効果も期待できる!

もち麦には、まだまだダイエット効果があります。それは豊富な食物繊維による、お通じ改善効果です。

食物繊維がお通じ改善に効果的なのは、便の量が増え腸が刺激されるからです。

このとき、便と一緒に老廃物も出ていきます。

老廃物は、体の中にたくさんあると細胞の働きを邪魔して、代謝を下げる原因になります。

なので、減ればとうぜん代謝が上がり、ダイエットにも効果的なんです。

ここまで3つほどダイエットにいい理由を上げてきましたが、一旦まとめると、

  • 糖質の吸収を抑えることができる
  • 血行不良を改善して代謝をアップさせる
  • お通じ改善により代謝をアップさせる

この3つになります。

ただ食べるだけでこれだけの効果があるなら、ちょっといいかもと思えてきたんじゃないでしょうか?

では、もち麦を使った「もち麦ダイエット」というものがあるので、その方法もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

もち麦ダイエットの方法

もち麦ダイエットのやり方は、朝と昼にもち麦ごはんを1杯食べるだけです。

これだけ?と思ってしまうかもしれませんが、これだけです。

おかずには特に制限がありませんし、体内の環境を整えるダイエット法なので運動も必要ありません。

ただ1点だけ気をつけてほしいのが、もち麦ごはんのもち麦の割合です。

白米ともち麦の割合は、「7:3」で炊いてください。もち麦が少ないと効果が期待できなくなりますので。

あとは、今まで通りの生活をすればOKですよ。

カロリーカットにもなる!

shokuji

これは気持ち程度ですけど、白ごはんをもち麦ごはんへ変えると、摂取カロリーを抑えることもできます。

白ごはんともち麦ごはん、それぞれ1杯のカロリーは次の通りです。

  • 白ご飯:約235kcal
  • もち麦:約184kcal

1日2食なので、約100kcalほどカロリーカットができます。

少ないですけど、続けることで確実に脂肪を減らす効果が期待できますよ。

まとめ

もち麦がダイエットにいい理由は、次の3つです。

  • 糖質の吸収を抑えることができる
  • コレステロールを減らすことができる
  • お通じを改善できる

しかも、1日に2食食べるだけでいいので、手間暇いらずで簡単なのもポイントとなっています。

 - 流行り, 食べ物 ,