これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

メタボの原因と対策!お腹をへこますダイエットにいい運動とは?

      2017/01/09

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

メタボを改善するために運動したいけど、どういった運動がいいのかわからない方も多いかと思います。

でも、しっかりメタボ対策するなら運動はもちろん、メタボそのものや原因が何かを知ることも大切です。

ここでは、メタボの原因や対策におすすめの運動などをご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

メタボって何?

メタボは、「メタボリックシンドローム」が正式名称で、いくつかの症状が重なった状態のことをいいます。

女性の場合がウエスト周り90cm以上、男性の場合は85cm以上が必須条件で、

  • 血糖値が高い
  • 血圧が高い
  • 中性脂肪が多い

この3つのうち、2つ以上を発症しているとメタボです。

とは言っても、どれくらいが高いか判断しづらいと思うので、健康診断の際にお医者さんに聞いてみてください。

メタボになる原因は2つ!

メタボになる原因は、シンプルに「食べ過ぎ」と「運動不足」が原因です。

お腹周りが太いのも、血糖値や血圧といった問題も、全てこの2つが関わっています。詳しく説明していきますね。

食べ過ぎが原因のメタボ

buffet

食べ過ぎかどうかを知るには、1日の摂取カロリーに注目します。男性、女性共に、1日の摂取カロリー目安があります。

  • 成人男性が1日に必要な摂取カロリーは、約1,800〜2,200kcalです。
  • 成人女性が1日に必要なカロリーは、約1,400〜1,600kcalです。

このカロリーを大幅にオーバーすると、余分なカロリーが脂肪として蓄えられていきます

これが、食べ過ぎが原因によって起こるメタボです。

脂肪が増えれば、

  • インスリン量が少なくなり、血糖値が上がる
  • 血液を送り出す力がさらに必要になるので、心臓に負担がかかり血圧が上がる
  • 中性脂肪が増える

など目に見えないメタボの症状が出ます。

ちなみに、お腹周りに脂肪がつきやすいのは、骨に守られていない内臓を守るためです。だから、お腹がポッコリ出ちゃうんです。

運動不足が原因のメタボ

運動不足によって、メタボになる原因は次の通りです。

  • カロリーを消費できない
  • 代謝が落ちる

消費カロリーが少なければ、余った分が脂肪として蓄えられやすくなります。また、代謝が落ちれば、脂肪を燃焼する力が弱まってしまいます。

では、なぜこのようになるかというと、運動しないことで、エネルギーを多く消費する筋肉の量が少なくなってしまうからです

これが、運動不足が原因によって起こるメタボです。

メタボの原因を「食べ過ぎ」と「運動不足」に分けてご紹介しましたが、メタボの人は大抵両方に当てはまっていることがほとんどです。

あなたはどうでしたか?これからメタボ対策に最適な運動をご紹介しますので、解消に向けて取り組んでくださいね!

メタボ対策にいい運動

ジョギングやランニングといった、消費カロリーが高い運動はとても効果があります。

でも、そんな運動はツライですし、続けにくそうですよね?

そこでおすすめなのが、運動の中でもとっかかりやすい「ウォーキング」です。

ウォーキングは、消費カロリーでいうとジョギングの半分程度です。しかし、メタボ解消に関しては、ピッタリの効果を持つ運動なんですよ。

スポンサーリンク

ウォーキングのメタボ対策効果

ウォーキングが持つメタボ対策効果は次のとおりです。

  • しっかり脂肪を減らすことができる
  • 体全体の筋肉を鍛えて痩せやすくなる
  • 続けやすく成功しやすい

しっかり脂肪を減らすことができる

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」がありますが、ウォーキングは有酸素運動になります。

有酸素運動は、運動開始から20分ほど経つと、エネルギーとして脂肪を多く使います。つまり、脂肪を燃焼す運動としてはうってつけなんです。

ちなみに、20分経つまでは血液中の糖分を消費するので、ウォーキングをするなら最低でも20分以上やってくださいね。

参考程度ですが、体重60kgの人が早足で1時間ウォーキングをしたら、だいたい300kcal消費するといわれています。

脂肪は約7,000kcalで1kg減るので、ウォーキングを1時間1ヶ月続けると、約1.3kgの脂肪減少が期待できますよ!

有酸素運動の効果を上げる前準備もあるので、早く成果を上げたい方にはおすすめです。

筋肉を鍛えて痩せやすくなる

syokujiseigen2

ウォーキングは、脂肪を燃やすだけじゃなくて筋肉を鍛える効果もあります。

といっても、ムキムキになるわけではなく、ウォーキングに必要な筋肉がつく程度ですけどね。

先ほどのメタボの原因でも触れましたが、筋肉量は消費カロリーと関係します。

筋肉が少しでもつけば、消費カロリーが増えるので痩せやすくなり、メタボ対策になります。

筋肉が1kg増えれば、1日で約40〜50kcalの消費カロリーが増えるとされているんですよ。

筋肉1kgで脂肪は2kg以上落ちる

1kgで40〜50kcalだと少なく感じるかもしれません。ですが、考え方を変えるとすごいんです。

1日に50kcal消費した場合、1ヶ月だと1,500kcal、1年間だと18,250kcal消費することになります。

脂肪を1kg減らすのに約7,000kcalほど必要なので、1年間で約2.6kgの脂肪が減る計算です。

1kgの筋肉でこれですから、すごいと思いませんか?

あくまで計算上なので、この通りとはいきませんが、筋肉が増えるというのはこれくらい効果的なんですよ。

続けやすく成功しやすい

ウォーキングの何がいいって、ランニングなどと比べてキツくないことです。

ダイエットするときに、キツくない、ラクというのはすごく大切です。続けられないと意味がないですからね。

それに、運動をしてないからメタボになっているわけで、そもそもいきなりキツイ運動なんて厳しいですよね。

だからこそ、負担も軽く運動しやすいウォーキングがピッタリなんです。

何事も、継続が大事ですよ。

まとめ

メタボの原因は、「食べ過ぎ」と「運動不足」による脂肪のつき過ぎです。

その脂肪を落とすためには、脂肪をしっかり燃やして痩せやすくなるウォーキングがピッタリです。

ただ、効果を実感するまではしばらく時間がかかるので、長い間かけてついた脂肪を落とすよう継続してくださいね。

 - メタボ, 部分痩せ ,