これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

こんにゃくのダイエット効果で食べて痩せよう!

      2017/01/09

konyaku

ヘルシーな食材の「こんにゃく」は、そのカロリーの低さや効果でダイエットにピッタリの食材です。

ここでは、こんにゃくのダイエット効果やダイエット方法をご紹介していますので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

こんにゃくダイエットの効果

こんにゃくには次のようなダイエット効果があります。

  • カロリーが低いので太りにくい
  • グルコマンナンが肥満を予防
  • 腸内環境を整えて代謝を促進
  • レパートリーが広く飽きにくい

カロリーが低いので食べても太りにくい

こんにゃくのカロリーは、100gで5kcalしかありません。

このカロリーの低さは、ダイエット中のカロリー制限に大きく役にたってくれます。

例えば、夕食のおかずをこんにゃくを1枚(300g)使った「こんにゃくステーキ」にしたとしても、材料のカロリー自体は15kcalしかありません。

300gといえばボリュームがあるので、こんにゃくだけでもお腹いっぱいになるほどです。

要するに、食べても太りづらいので、食べて痩せるダイエットが可能ということなんです。

グルコマンナンが肥満を予防

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

こんにゃくには、グルコマンナンという食物繊維が含まれています。

このグルコマンナンには、他の食物繊維よりも「膨張率が高い」という特徴があります。

食物繊維はお腹の中で水分を含み膨らむのですが、その膨張率が高くお腹がいっぱいになりやすいんです。

また、腸の中で脂肪や糖質の吸収を抑える効果もあります。

お腹がいっぱいになりやすく、脂肪の素を吸収しづらくするので、肥満予防にとても効果的なんですよ!

腸内環境を整えて代謝を促進

こんにゃくに含まれている食物繊維には、腸内で善玉菌のエサになったり、老廃物を絡めとって排出する働きがあります。

そうすると、腸内環境が整うことで腸の働きが活発になります。

働きが活発になるということは、それだけ基礎代謝が上がるということなんです。

また、老廃物が体内にとどまらないことで他の細胞も活発になります。

結果、体全体の代謝アップにも影響するというわけなんです。

スポンサーリンク

レパートリーが広く飽きにくい

こんにゃくって、味があまりないので色んな料理にすることができます。

ダイエットの場合は、食材のレシピが少ないことで飽きてしまい、失敗するということも少なくありません。

こんにゃくだと、その心配があまりないので続けやすいんです。

しかも、こんにゃくの1種のしらたきは6kcalしかなくて、麺の代わりに食べれば低カロリーラーメンとしても食べることができるんです。

このように色んな料理として楽しむことができるので、長く続けることで成功確率が高くなるわけです。

こんにゃくダイエットの方法

こんにゃくを使ってダイエットするなら、こんにゃくの効果を生かすように夕飯時に食べるのがおすすめです。

まずは、低カロリーということで食前に食べてお腹を膨らまし、夕飯自体の量をグンと減らします。

次に食物繊維の効果で、その後に食べる夕飯の脂質・糖質の吸収を抑えます。

この2つの効果を使うことで、夕飯の摂取カロリーを大きく下げるのが狙いです。

できれば、白ご飯の量を減らすか、こんにゃくに置き換えるとより痩せやすくなりますよ!

コツは他のおかずもしっかり食べること!

waist2

こんにゃくでお腹いっぱいになりがちですが、他のおかずも食べるようにしてください。

こんにゃく自体にはほとんど栄養がないので、こんにゃくばかり食べると栄養バランスが偏るんです。

そうなると、代謝が悪くなり痩せづらくなるので意味がなくなるんです。

なので、夕飯はこんにゃくだけ!という食事はせずに、主食は抜いても野菜などのおかずは食べるようにしてくださいね♡

まとめ

こんにゃくのダイエット効果は次のとおりです。

  • カロリーが低いので太りにくい
  • グルコマンナンが肥満を予防
  • 腸内環境を整えて代謝を促進
  • レパートリーが広く飽きにくい

大きなダイエットポイントは、100gで5kcalという超低カロリーということと、お腹が膨れて食べ過ぎないという部分です。

特に普段から量を食べる方は、こんにゃくを食べるようにすると効果てきめんですよ!

ただし、栄養はほとんどないので、リバウンドしないためにも必ずおかずなどはしっかり食べてくださいね。

 - 食べ物 ,