これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

人工甘味料を使ったダイエットは痩せない?むしろ太る?

   

超低カロリーの人工甘味料なら、ダイエット中でも太らないかも?と考えた方も多いのではないでしょうか。

しかし、人工甘味料は太るという記事もたくさんあり、何が本当かわからなくなります。

そこで今回は、人工甘味料を使ったダイエットは太るのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

人工甘味料を使ったダイエットは太るのか?

いきなりですが、結論からいうと「現時点では、どちらとも言えない」が正解です。

人工甘味料と肥満の関係については、諸説ありすぎて、未だにハッキリしてない部分が多いです。

そもそも太る仕組みは、糖質を摂ることでインスリンが大量に分泌され、栄養をどんどん蓄えるためです。

ところが、人工甘味料に糖質は入ってないので、摂ったところで血糖値は上がるはずありません。

もちろんインスリンも分泌されないはずです。

しかし、ある海外の研究結果では、人工甘味料に反応してインスリンが分泌されたという話もあります。

このように、人工甘味料にはどちらかハッキリしていない部分が多いんです。

なので、

人工甘味料は太る!危険!

という声も、

人工甘味料は絶対に太らない!安心!

という声も、どちらもまだまだ信用してはいけません。

しかし、太る危険性はある

答えこそ出ていませんが、太る危険性はあります。

人工甘味料の中には、砂糖の100倍以上も甘いものがたくさんあり、脳が感じる甘さは相当なものです。

では、それほど甘いもの摂り続けるとどうなるか?

脳が「あれ、だんだん甘くなくなってきたな。もっと甘いものが欲しい!」と変化する可能性があります。

すると、人工甘味料だけじゃなく、ケーキやお菓子を我慢できなくなるかもしれません。

それではダイエットになりません。

スポンサーリンク

勘違いして食べすぎることも

他にも、人工甘味料がほぼゼロカロリーなのをいいことに、他で食べ過ぎてしまうことも考えられます。

「人工甘味料でカロリーカットしてるから、ご飯半分だけおかわりしちゃお。。。」

などと考える方もいらっしゃるでしょう。

結果、消費カロリーより摂取カロリーが増えてダイエットは失敗。

これらの理由から、太る危険性がないとはいえません。注意してください。

どうしても甘さが欲しいなら

ダイエット中にどうしても甘いものが欲しい方は、「はちみつ」がおすすめです。

はちみつは、

  • すぐに消費されるので脂肪になりづらい
  • 低カロリー(スプーン1杯で約42kcal)

など、ダイエットに適した特徴を持っています。

その特徴を生かした「はちみつダイエット」なるものまで生まれています。

寝る前にはちみつを食べるだけなので、楽なダイエットを探している方におすすめです。

少しお高くなりますが、ダイエット効果をさらに高めたいならマヌカハニーもチェックしてみてください。

代謝アップや整腸作用など、ダイエットに嬉しい効果が期待できます。

>>マヌカハニーで痩せる!隠されたダイエット効果やおすすめのダイエット法など

まとめ

人工甘味料を使ったダイエットが太るか痩せるかは、まだまだハッキリしていません。

確実に痩せたいなら、真相がわかるまで使わないのが賢明です。

どうしても甘いものが我慢できないなら、健康的なはちみつなどで、甘さへの欲求を満たしてはいかがですか?

 - 食べ物