これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

お尻の部分痩せはこれでOK!ヒップダイエットの方法7つ

      2017/01/09

hipdiet

パンツを格好良く履きこなしたい!

そんな思いから、お尻の部分痩せダイエットに取り組もうと思う女性は多いですよね。

お尻は夏だけじゃなく1年中何かしら見える部分なので、できれば常に美尻でいたいものです。

ここでは、お尻の部分痩せに効果的な7つの方法をご紹介しているので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

お尻の部分痩せに効果的な方法7つ

お尻の部分痩せには、以下のような7つの方法があります。

  • 体脂肪を落とす
  • ウォーキングをする
  • ヒップリフトをする
  • 寝ながら太ももを上げる
  • 立った状態で足を後ろへ引く
  • お尻歩きをする
  • リンパマッサージをする

これらがお尻をスッキリさせるのに効果的です。

体脂肪を落とす

身体中のどの箇所においても同じことが言えるのですが、ある箇所を痩せさせたい場合は全体的な体脂肪の減少が必要になります。

脂肪は部分的にはあまり減らず、体全体から均等に減っていくようになっているからです。

なので、体のどこかを痩せさせたいと思った場合は、体脂肪を全体的に落とす必要があります。

リバウンドを防いで健康的に痩せることを前提にするなら、基礎代謝を上げるのがおすすめです。

>>基礎代謝を上げる効率的な3つの方法!筋力・体温・食事を意識して痩せやすい体に!

ウォーキングをする

futomomo8

ウォーキングは、とある部分に気をつけて歩くとお尻を引き締める効果があります。

  • 1.5歩で歩く
  • お尻をキュッとしぼって歩く

この2つを実践しながら歩くと、お尻がスッキリと引き締まります。

もちろん1日2日では効果はでませんが、1ヶ月過ぎたあたりから少しづつ効果を実感しだすはずです。

また、ウォーキングは美脚をつくるためにも欠かせないので、ぜひ取り入れることをおすすめします。

普段の移動にも取り入れるとさらに効果的!

ウォーキングのときだけでなく、普段の移動にも取り入れると効果がさらにアップします。

仕事の移動やショッピングなど、ある程度の距離を歩くときはぜひ取り入れましょう。

ただし、若干スピードが上がりがちになるので人混みや段差のある箇所ではケガをしないよう注意してくださいね!

>>ウォーキングで痩せるために必要な時間や歩き方

ヒップリフトをする

ヒップリフトを行うことで、お尻をキュッと引き締めることができます。

やり方は簡単で、

  1. 膝を立てた状態で仰向けに寝る
  2. そのままの状態から3秒間かけながら腰を浮かす(かかとは浮かさない)
  3. ゆっくりと元の位置に3秒間かけながら戻る(床につけない)
  4. 10回を1セットとし、1日2回を目安にやる

このエクササイズを行うと、お尻を引き締める効果が期待できます。

ちなみに、このエクササイズは太ももの裏を引き締める効果もあるので、美脚と美尻の一石二鳥ですよ!

寝ながら太ももを上げる

hipdiet4

寝た状態でできるお尻のエクササイズがもう1つあります。

やり方は、

  1. うつ伏せに真っ直ぐの状態で寝る
  2. 足を真っ直ぐにしたまま、太ももを床から浮かす
  3. その状態を10秒間キープ
  4. 交互に繰り返し1日10回2セットを目安にやる

テレビを見ながらやればあっという間なので、家でゆっくりしている時間などにおすすめですよ!

また、このエクササイズも太もも裏を引き締めるので、ついでに美脚も手に入れたい方にはピッタリです。

立った状態で足を後ろへ引く

立った状態でできるエクササイズもあります。

やり方はとても簡単で、

  1. 壁に向かって真っ直ぐ背筋を伸ばして立つ
  2. 片足のかかとを引き上げるように後ろへ下げる
  3. 限界まで下げたらその状態は10秒間キープ
  4. 交互に繰り返し1日10回2セットを目安にやる

この方法でお尻をキュッと引き締め、ヒップアップの効果を得ることができます。

省スペースでできるので、自宅だけに限らず職場などでも手軽にできるのが特徴です。

スポンサーリンク

お尻歩き

お尻を使って歩く「お尻歩き」がお尻引き締めにとても効果があります。

主なやり方としては、

  1. 足を真っ直ぐにした状態で床に座る
  2. お尻を使って歩くように前へ進む
  3. 前に10歩進んだら、後ろへ10歩下がる
  4. 往復で1セットとし1日2セットを目安にやる

このお尻歩きは、お尻の引き締め以外にも普段使わない筋肉を使うので代謝向上の効果も期待できます。

骨盤矯正の効果も期待できる!

お尻歩きには、実は引き締め以外の大きな効果として「骨盤矯正」があります。

骨盤を包むお尻全体の筋肉を使うことで骨盤へ大きな力が入り、歪んだ骨盤を元へ戻すという作用が期待できます。

骨盤の歪みはお尻を大きく見せる原因にもなるので、お尻の部分痩せにはとても効果的なエクササイズと言えます。

リンパマッサージを行う

waist4

あまり歩くことがない方は下半身のリンパが流れづらくなり、むくみでお尻を大きく見せてしまいます。

なので、お尻のリンパをマッサージしてあげることで邪魔なむくみを解消しスッキリとさせます。

お尻の近くだと腰の部分にリンパ節があるので、そこへ向けてお尻全体のリンパを流してあげるようにしましょう。

お風呂でやれば、ボディソープをマッサージローションの代わりに使えて、温まりながらやることで血行促進の効果も得ることができますよ!

お尻が大きくなる原因

お尻が大きくなってしまう主な原因は3つあり、

  • 血行やリンパの流れが悪い
  • 骨盤の歪み
  • 単なる食べ過ぎ

これらが原因で、お尻が大きく見えたり太ってしまいます。

血行やリンパの流れが悪い

hipdiet5

血行やリンパの流れが悪いと老廃物を溜め込んでしまうため、むくみの原因になります。

なので、普段運動をしないという方はマッサージなどで老廃物を流してやる必要があるわけです。

特に女性は男性と比べて筋肉量が少なく、リンパの流れが悪くなりやすいので日頃からの注意が必要です。

骨盤の歪み

骨盤が歪むことで大腿骨の付け根がズレ、それにお尻のお肉がついてくる形で広がっていきます。

その骨盤の歪みを生む原因には、

  • 足をよく組む
  • 常に片側にカバンをかけている
  • 筋力不足
  • 姿勢の悪さ

などがあります。

このどれかを週間的にやると確実に骨盤は歪んでいくので注意が必要です。

単なる食べ過ぎ

単純に食べ過ぎによるお尻の太り方もあります。

特に女性の場合は元々出産に備えて大きくなる性質に加え、生理周期の太りやすさなどから過食が色濃く反映されることがあります。

なので、男性以上にお尻の太り方には気を配る必要があるわけです。

>>生理周期における痩せやすい時期・痩せづらい時期

まとめ

お尻を痩せさせるためには、

  • 体脂肪を落とす
  • ウォーキングをする
  • ヒップリフトをする
  • 寝ながら太ももを上げる
  • 立った状態で足を後ろへ引く
  • お尻歩き
  • リンパマッサージをする

この7つを実践することで、お尻をスッキリと痩せさせることが可能です。

エクササイズに関してはどれも簡単にできるので、ぜひ日頃の生活に取り入れて美しいヒップラインを手に入れましょう!

 - 部分痩せ ,