これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

大根のダイエット効果がスゴイ!痩せる理由や食べるポイントなど

      2017/01/09

daikon

女性芸人「たんぽぽ」も、ダイエットを成功させた大根の効果はスゴイです。

ここでは、大根のダイエット効果をご紹介しているので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

大根のダイエット効果とは?

イソチオシアネートで消費カロリーを上げる

少し聞きなれない成分かもしれませんが、これは大根の辛味成分のことです。

イソチオシアネートには、代謝を高める働きがあるので、消費カロリーの底上げに貢献してくれます。

なかなかストレートなダイエット効果ですよね。

また、抗酸化作用も持っているので、活性酸素を減らす働きもあります。

活性酸素が減ると、細胞の老化を予防することができるので、アンチエイジングにもなるんですよ。

アミラーゼで代謝アップ

okara4

アミラーゼは「消化酵素」という成分で、胃での消化を助ける働きがあります。

この消化酵素が、なぜダイエットに効果的かというと、もう1つの酵素「代謝酵素」と関係があるからです。

人間の体内にある酵素は、主に消化と代謝の2つに使われます。

消化酵素が使われ過ぎると、代謝酵素にまわる酵素の量が減ってしまうので、代謝が落ちます。

ですが、消化酵素のアミラーゼを摂ることで、代謝酵素が十分に働くようになります。結果、痩せやすくなるというわけです。

摂取カロリーを抑えることができる

大根のカロリーは、100gで18kcalしかありません。1kg食べても、たったの180kcalしかない超低カロリー食材です。

これは、ダイエットでよく食べられるキャベツやトマトよりも、さらにカロリーが低いことになります。

摂取カロリーが減れば、単純に体重が減ることへつながりますからね。ダイエットの基本です。

スポンサーリンク

ダイエット目的で食べる際のポイント2つ

先ほどのダイエット効果を得るなら、次の2つのポイントを押さえておくといいですよ。

  • 1日1回300g
  • 火を通さず生で食べる

1日1回300g

大根に含まれる成分を摂るには、ある程度の量を食べる必要があります。それが1日に300gです。

大体6cmくらいの長さを目安にカットすると、300gくらいになります。これを、3食どれかの食前に食べます。

300gはそこそこ量があるので、お腹が膨れて食べ過ぎ防止にも効果がありますよ!

火を通さず生で食べる

火を通さずに、生で食べることが大切です。

なぜなら、火を通すことで効果のある成分が壊れてなくなってしまうからです。

これでは、ただカロリーの少ないものを、普段の食事にプラスで食べてしまうことになります。

なので、サラダや大根おろしといった調理法で食べると、ダイエットには効果的ですよ。

ベストは大根おろし!

daikon1

大根のベストな食べ方は、火も通さず、成分を目一杯摂ることができる「大根おろし」です。

ダイエット効果のとこでも触れた「イソチオシアネート」は、大根にダメージが多いほど作られます。

ということは、すりおろして作る大根おろしは、イソチオシアネートがたっぷりということです。

皮にも栄養がたっぷりなので、おろす時は皮ごとするのがおすすめですよ!

まとめ

大根のダイエット効果は、

  • イソチオシアネートで消費カロリーを上げる
  • アミラーゼで代謝アップ
  • 低カロリーで摂取カロリーを抑える

この3つです。

辛味や匂いがあるので、好き嫌いがハッキリ分かれる食材ではありますが、ダイエット効果は確かなものです。

もし大根が平気という方は、大根おろしにして毎日食べれば、女性芸人たんぽぽのように激変できるかもしれませんね!

 - 野菜, 食べ物 ,