これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ココナッツミルクのダイエット効果3つ!働きやカロリーなども

      2017/01/09

coconutmilk

ダイエット効果を持ちつつ、さらに女性に嬉しい効果も期待できる食材が「ココナッツミルク」です。

スーパーモデルのミランダ・カーさんも愛用していて、葉酸や鉄部など、女性に嬉しい成分もたっぷり入っています。

ここでは、ココナッツミルクのダイエット効果についてご紹介しているので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ココナッツミルクが持つダイエット効果3つ!

中鎖脂肪酸による脂肪燃焼効果

ココナッツミルクには、中鎖脂肪酸という成分が含まれていて、ケトン体というものを体の中で作ります。

ケトン体というのは、簡単にいうと「体を動かすエネルギー」です。

このケトン体の材料となるのが、実は脂肪なんです。

つまり、「ケトン体を作る=脂肪が燃えている」ということになります。

脂肪に直接作用するので、なるべく運動せずにダイエットしたい方に向いていますよ。

食欲を抑制する効果

お腹がすく理由は、足りなくなったエネルギーを補給するために、脳が「何か食べろ〜」と命令するからです。

先ほど、ココナッツミルクがケトン体を作るとご説明しました。

ケトン体はエネルギーなので、脳は体にエネルギーが足りていると思うようになります。

だから、「まだ食べなくていい」とするわけです。

空腹を完全にシャットアウトできるわけじゃありませんが、何もしないよりはマシですよ。

カリウムでむくみ解消

ココナッツミルクは、牛乳の1.5倍ものカリウムを含んでいます。

カリウムには、余分な水分を体内に溜め込まないようにする働きがあります。

体から余分な水分が抜ければ、むくみも解消できるので、体全体をスッキリさせることができるってわけです。

特に下半身はむくみやすいので、下半身太りで悩んでいる方にもおすすめですよ。

スポンサーリンク

女性に嬉しい成分がたくさん!

葉酸で妊活&血液作りをサポート

葉酸には卵子を育ちやすくする働きがあるので、妊活中の女性をサポートしてくれます。

もちろん妊娠後に摂れば、赤ちゃんの発育もよくなります。

さらに、血液作りの材料にもなるので、妊活、妊娠中の女性は積極的に摂りたいところです。

鉄分で貧血予防&生理痛緩和

鉄分は、「血液の素」になります。

女性は、生理によって貧血になりやすいので、鉄分を摂ることで貧血を予防することができます。

また、血液が増えれば、生理痛を緩和する効果も期待できます。PMSによる悩み解消にも、ひと役かってくれるかもしれません。

マグネシウムで便秘解消

ココナッツミルクには、マグネシウムがたくさん含まれています。

マグネシウムは、水分を含みながら腸へと移動していくので、便を柔らかくしてお通じを改善してくれます。

実際に便秘薬の成分としても使われていますし、便秘女子にはピッタリの成分なんですよ。

まとめ

ココナッツミルクのダイエット効果は、

  • 中鎖脂肪酸で脂肪を燃焼させる
  • ケトン体により食欲を抑えてくれる
  • カリウムでむくみを解消する

この3つが主なものになります。

上手にカロリーコントロールをしながらココナッツミルクの恩恵を得るようにしてくださいね。

 - ココナッツ, 飲み物 ,