これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ココアダイエットは本当に痩せる?真相を徹底解明

   

「ココアを飲むだけで痩せる」と評判のココアダイエットですが、本当に痩せるのでしょうか?

なぜココアを飲むだけで痩せるのか、疑問に思う方も多いと思います。

そこで今回は、ココアダイエットで本当に痩せるのか、その真相を解明していきます。

スポンサーリンク

ココアが持つダイエット効果とは?

まず、ココアにはどんなダイエット効果があるかを調べました。

そこでわかったのが、主にダイエットに関わる効果が「代謝アップ」「便秘解消」の2つあることです。

代謝アップ効果

ココアに含まれる「カカオポリフェノール」が、血管を拡張することで血行が良くなります。

すると、体全体に栄養が回りやすくなり、細胞が活発になることで代謝がアップします。

「代謝アップ=消費カロリーアップ」なので、ダイエットにとても効果的です。

便秘解消効果

ココアに含まれる「食物繊維」もダイエットに効果的です。

便秘解消効果が期待できるので、腸内環境を整えて内臓を活発にし、ひいては体全体の細胞までもが活発になります。

そのため、カカオポリフェノールと同じように、結果的に消費カロリーアップへと繋がります。

食欲抑制効果も期待できる

上2つと違い、直接的なダイエット効果ではありませんが、食欲抑制効果も期待できます。

多少空腹を紛らわせるので、食前に飲んで食事量を減らすと効果的です。

では実際にどれほど効果があるの?

代謝アップ

これに関しては、「カカオポリフェノールを○g摂れば消費カロリーがいくら増える」などの明確な答えがありません。

もちろん、ココアだけで消費カロリーが数百kcal増えるなんてこともまずないです。

なので、カカオポリフェノールだけで劇的に痩せることはありえません。

便秘解消効果

次に食物繊維ですが、こちらはココア100gに約24g含まれています。

現代人は1日に、男性6g、女性4gの食物繊維が足りないといわれています。

ココアダイエットでは、1日に約10g(小さじ4杯)のココアを飲むので、摂れる食物繊維は2.4gです。

不足分の食物繊維を半分ほど補えるため、便秘解消効果に関してはそこそこ期待できると言えます。

スポンサーリンク

ココアダイエットのやり方は?

ココアダイエットは、小さじ2杯(5g)のココアを1日2回、朝食と夕食前に飲むだけです。

また、飲むのは砂糖が入っていない「純ココア(ピュアココア)」です。

砂糖入りはカロリーが高く太りやすいので、ダイエットには向いてません。

甘いココアを期待していた方はガッカリでしょうけど、ダイエットの天敵「砂糖」を摂って痩せられるほど甘くはないようです。

結論

以上を踏まえたうえでの結論は「やり方によっては痩せる」です。

正直なところ、ココアに脂肪をドンドン燃やす効果は期待できないので、ただ飲むだけだとほぼ痩せません。

どちらかというと、「飲むことによってダイエットをサポートする」の方が正しいです。

なので、もしココアでダイエットするなら、ダイエット効果を取り入れつつ、上手に取り組む必要があります。

ココアを取り入れた上手なダイエット方法は?

先ほどもお伝えした通り、やり方によっては痩せます。

そのためには、ただ飲むだけではなく「置き換え」「食事制限」が必要です。

それぞれどのようにしたら良いか、簡単に説明したいと思います。

置き換え【早く痩せたい人向け】

置き換えの場合、朝食か夕食のどちらかをココアだけにしてください。

空腹に耐えれる人は夕食、空腹に耐えれない人は朝食を置き換えるのがおすすめです。

より痩せるのは夕食の置き換えなので、早く痩せたい方は夕食でトライしてみてください。

食事制限【ゆっくりでも良い人向け】

食事制限の場合は、3食食べる代わりに摂取カロリーを抑えてください。

  • 男性:2,000〜2,200kcal
  • 女性:1,400〜1,600kcal

上記が、1日に必要な摂取カロリーなので、これを下回るように計算して食べます。

ペースは置き換えほど早くありませんが、ストレスフリーで無理なく痩せたい方はぜひ。

まとめ

ただココアを飲むだけのココアダイエットでは、大きなダイエット効果は得られません。

しかし、ダイエットをサポートして痩せやすくなることは確かです。

無理なくダイエットしたい方は、食事制限とココアを両立しながら、取り組んでみてはいかがですか?

 - 食べ物, 食事法, 飲み物