これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

無理せず痩せる?チラコイドのダイエット効果がすごい!

      2017/01/09

chirakoid

食事制限系のダイエットを、大きく変えると注目されている成分が「チラコイド」です。

今までの我慢、我慢だった食事制限から解放されるかもしれません。

そこで今回は、チラコイドのダイエット効果についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チラコイドとは?

チラコイドは、ほうれん草の葉っぱから抽出された葉緑体です。

ダイエット効果がすごいと話題で、海外の有名セレブを筆頭に大流行している新しい成分になります。

また、歌姫マドンナがチラコイドを愛用しているとのことで、一躍有名になりました。

日本でも、ダレノガレ明美さんや優木まおみさんをはじめ、多くのモデルさんが取り入れているそうです。

チラコイドのダイエット効果

チラコイドのダイエット効果は、食欲を抑えることです。

チラコイドを摂ると、満腹ホルモンの「レプチン」や「コレシストキニン」といった成分が分泌されやすくなり、早く満腹感を得ることができます。

なので、食事量を抑えてダイエットができるわけです。

しかも嬉しいことに、甘い物や塩っ気の多いものに対して特に抑制効果を発揮します。スイーツとかを食べたくならないんです。

どうしても間食を止めれない方には、とても嬉しい成分となっていますよ。

最大95%の食欲を抑えることができる

kirei-shokuji

スウェーデンのルンド大学で、実際に臨床試験が行われ、初日に最大85%の食欲を抑えることができたそうです。

さらにそこから3ヶ月摂取し続けた場合、最大95%まで食欲を抑えることができたとの実験結果も出ています。

体重に関しては、摂取していないグループと比べ、40〜50%も多く減ったのだとか。

食材の成分としては珍しく、即効性に期待できるのも大きなポイントです。

脂肪を付きづらくする効果も!

チラコイドは、胃の中で脂肪と炭水化物の分解・吸収を遅らせることもできます。

ということは、脂肪や糖が体内に入る速度がゆっくりになるので、血糖値の上昇が緩やかになります。

すると、脂肪を溜め込むインスリンの分泌量が抑えられるので、脂肪を付きづらくする効果もあるんですよ。

スポンサーリンク

ほうれん草を食べるだけではダメ!

ほうれん草の葉から摂れるチラコイドですが、ただ食べるだけでは摂取できません。

なぜなら、人間の胃では消化して吸収することができないからです。

人間が吸収できる形にするためには、成分を抽出する必要があります。それには遠心分離機を使う必要があるため、普通の家庭ではできないんです。

手軽に摂取するには?

日本では、チラコイドを抽出した「チラコル」という製品が販売されています。

チラコイドの効果をそのままに、ビタミンやミネラル、さらには108種類の植物酵素をプラスしてあるので、栄養バランスもバッチリです。

粉末タイプなので、水や牛乳にサッと混ぜるだけのお手軽さも魅力です。

チラコイドを摂るタイミングは?

kombucha

チラコイドの効果を発揮するには、朝食前に摂ることが効果的です。

朝摂っておけば効果が1日中続くので、昼食やおやつどき、さらに夕食まで食欲を抑える効果が期待できます。

もし食後にとった場合は、食欲抑制や脂肪・糖の吸収を抑える恩恵を、あまり受けられません。

摂るタイミングに関しては絶対ではありませんので、夜の空腹感だけ抑えたいなら夕食前といった摂り方でもOKですよ。

まとめ

チラコイドのダイエット効果は、食欲を大きく抑えることです。

継続して摂っていけば、最大で95%も食欲を抑えてくれるので、食事や間食の量をグッと抑えることができます。

今まで間食が止めれなかったという方も、無理をせずに楽にダイエットに取り組むことができますよ。

 - 食べ物 ,