これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

チアシードで中性脂肪は減る?1日に食べる量なども

      2017/01/09

chiaseed-chuseisiboh

ダイエットにも美容にも効果的なチアシードですが、中性脂肪も減らすことができるのか気になりますよね?

ここでは、チアシードで中性脂肪が減らせるかについてご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

チアシードで中性脂肪は減るの?

チアシードを食べることで、中性脂肪は減らすことができます。

理由は、中性脂肪を減らすのに効果的な「オメガ3脂肪酸」という成分が含まれているからです。

このオメガ3脂肪酸は脂肪の元ですが、不飽和脂肪酸といって、体に良い働きをしてくれる成分でもあります。

中でも中性脂肪に対して、次のような働きをしてくれます。

  • 中性脂肪をエネルギーに変えてくれる
  • 中性脂肪を分解しやすくする
  • 中性脂肪を作りにくくする

これらの効果を持っているので、オメガ3脂肪酸を含むチアシードは、中性脂肪を減らすことができるというわけです。

チアシードの食物繊維も効果あり!

チアシードに含まれる「食物繊維」も、中性脂肪を減らすのに効果的です。

チアシードは、水に浸けるとプルプルなります。

そのプルプルは「グルコマンナン」という食物繊維で、脂質や糖質の吸収を抑える効果があります。

脂質や糖質が中性脂肪になるので、吸収を抑えれば中性脂肪を減らすことにつながるというわけなんです。

スポンサーリンク

中性脂肪を減らすために食べる量

中性脂肪を減らすためには、オメガ3脂肪酸の摂取量を目安に食べるのがおすすめです。

厚生労働省によると、1日に摂るオメガ3脂肪酸の量は次のようになっています。

  • 成人女性:1.6g
  • 成人男性:2.0g

チアシードに含まれている量は、100g中20.7gなので、10g(小さじ2杯)摂れば十分ということになります。

ただ、注意して欲しいのが、たくさん食べても効果がアップするわけではないということです。

少し前にも説明しましたが、オメガ3脂肪酸は適量なら良い働きをしてくれますが、脂肪の材料でもあります。

なので、摂り過ぎると逆に中性脂肪を増やしてしまうんです。

熱は加えないように!

オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、摂るときの温度に注意してください。

ホットドリンクやスープに入れたり、ご飯に混ぜて炊いたりしてしまうと、オメガ3脂肪酸の効果が激減してしまいます。

それに、チアシードが持っているたくさんの栄養も失うことになるので、熱を加えず食べるようにするといいんですよ。

食べる期間はどのくらい?

中性脂肪を下げるためには、3ヶ月くらいは続ける必要があります。

チアシードは薬じゃないので、数日で中性脂肪が減るようなことはありません。効果は徐々に現れるので、継続して摂るようにしてください。

まとめ

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸には、中性脂肪を減らす効果があります。

また、食物繊維には脂質と糖質の吸収を抑える効果があるので、中性脂肪を減らしたい方にはピッタリです。

ただし、速効性はないので、最低でも3ヶ月は継続して摂るようにしてくださいね!

 - チアシード, 流行り, 食べ物 ,