これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

チアシードとバジルシードの違いはコレ!目的別に使い分けよう!

      2017/01/09

test

チアシードとバジルシードって、特徴も見た目もほぼ一緒なので、あまり違いがわかりませんよね?

しかし、成分や特徴に違いがあるので、目的別に使い分けることができます。

ここでは、チアシードとバジルシードの違いをご紹介しているので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

チアシードとバジルシードの違い

チアシードとバジルシードの違いを、大きく次の4つに分けて比較したいと思います。

  • 成分
  • カロリー
  • 膨らみ方
  • 味・香り

成分

チアシードとバジルシードを、それぞれ100gで比較すると次のようになります。

チアシード バジルシード
食物繊維 32.4g 41.6g
たんぱく質 17g 20.8g
脂質 30.8g 21.6g
オメガ3脂肪酸 20.7g 9.8g
オメガ6脂肪酸 6.09g
必須アミノ酸
カルシウム 55.3mg
マグネシウム 349mg
鉄分 6.19mg

食物繊維とたんぱく質に関しては、バジルシードの方が多いですが、それ以外に関してはチアシードが上回っています。

中でも、健康・美容に効果的とされる「オメガ3脂肪酸」は、倍以上も含まれています。

カロリー

チアシードとバジルシードのカロリーは、次のようになっています。

  • チアシード:1g5kcal
  • バジルシード:1g1kcal

バジルシードは、チアシードの1/5しかカロリーがないことになります。

1食分のカロリーで考えると、チアシードは大さじ1杯(15g)、バジルシードは小さじ1杯(5g)使うので、

  • チアシード:75kcal
  • バジルシード:5kcal

なので、カロリーを抑えるという点では、バジルシードの方が優秀といえます。

膨らみ方

どちらも、10倍ほどの水に浸けるところまでは同じですが、膨らむまでの時間と膨らみ方に差があります。

  • チアシード:15分ほどで10倍 ※1晩置くのがベター
  • バジルシード:10分ほどで30倍

バジルシードはチアシードの3倍ほど膨らみ、食べることができるようになるまでも早いです。

ちなみに、最初、10分後、30分後の経過は次のようになります。

最初

chia-basil-hikaku1
左がホワイトチアシード、右がバジルシードです。

10分後

chia-basil-hikaku2
バジルシードの方が、かなり膨らんでいるのがわかります。それと、チアシードは周りがほぼ透明ですが、バジルシードは半透明です。

30分後

chia-basil-hikaku3
30分後だと、チアシードも大分膨らんでいて、バジルシードほどじゃないにしても、かなり膨らんでいるのがわかります。

味・香り

味に関しては、チアシードもバジルシードも無味です。ただし、香りに関してはバジルシードは少しバジルの香りがします。

バジルシードは好みがハッキリ分かれるので、味に関してはチアシードの方がとっかかりやすいです。

スポンサーリンク

ダイエットに良いのはどっち?

ダイエット効果を求めるなら、バジルシードの方が適しています。

膨らみ方が大きいので満腹感を得やすく、食欲を抑えることができますからね。摂取カロリーを抑えやすいです。

チアシードでも満腹感を得ることはできますが、バジルシードと同程度を求めるなら3倍近く食べないといけません。

また、バジルシードは1食のカロリーも少ないので、少しでもカロリーを抑えたいダイエットにはピッタリです。

1日1食だと約70kcalの差ですが、1週間で考えるとショートケーキ1個半くらいの差になるんですよ。

健康に良いのはどっち?

健康面では、栄養価が高いチアシードの方が適しています。

食物繊維とたんぱく質以外でバジルシードを上回り、健康に良いとされる成分が多くふくまれているからです。

チアシードに多く含まれる成分が持つ効果は、

  • カルシウム:骨や歯を丈夫にする
  • 鉄分:血液を作る
  • マグネシウム:高血圧予防
  • オメガ3脂肪酸:コレステロールを下げる、生活習慣病の予防

これらがあります。

ただ体重を減らすだけではなく、より健康的に痩せるということを目的にするなら、チアシードの方が適していますよ。

美容に良いのはどっち?

80-beautiful-girl-hd-wallpaper

美容成分に関しても、バジルシードより多くの美容成分を含むチアシードが適しています。

チアシードに含まれる美容成分と効果は、次の通りです。

  • 鉄分:血液を作って肌の再生を早くする
  • 脂質:肌や髪に潤いを与える
  • 食物繊維:腸内環境を整えて肌トラブルを予防
  • カルシウム:きめ細かい肌を作る
  • たんぱく質:肌、髪、爪などを作る
  • マグネシウム:肌の新陳代謝を良くする
  • 必須アミノ酸:コラーゲンを作りプルプルした肌に
  • オメガ3脂肪酸:シワ、シミ、くすみを予防、肌のターンオーバー

ダイエットだけでなく、美容目的としてもチアシードは適しているので、モデルやタレントに人気なんです。

まとめ

チアシードとバジルシードの違いは、細かく見ると以上のようになります。

ただ、食物繊維などの栄養が豊富で腹持ちがよく、低カロリーな食材という点はほとんど変わりません。

カロリーや健康、美容といった面でちょっとでも効果を上げたい場合は、特徴や成分によって選ぶといいですよ。

 - スーパーフード, チアシード, 流行り , ,