これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

停滞期をスルー?チートデイを成功させるために必要な5つのこと

      2017/01/09

kettouchi4

停滞期を早く抜け出したい!って方が辿り着くのが、チートデイですよね。

多くカロリーを摂取して体を騙し、体重の減少を再スタートさせるわけですが、もちろん間違えると今までの努力が水の泡です。リバウンドだってありえます。

そうならないためにも、チートデイ成功に必要なことを抑えておくといいですよ。

ここでは、チートデイを成功させるために必要な5つのことをご紹介しているので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

チートデイを成功させるために必要な5つのこと

体脂肪率が25%以下であること

hipdiet1

チートデイに取り組むには、体脂肪率が25%以下であることが条件です。というより、それ以上ある方はやらないほうが良いかもしれません。

脂肪が多い人は。「レプチン」という脂肪燃焼を促す成分の分泌量が多く、人よりも痩せやすくなっています。

なので、一般的な人と比べて停滞期に入ったかどうかの判断が難しくなります。

本当に停滞期に入ったのか、それとも少し痩せづらくなったものの、まだ痩せしろが残っているのかの判断がつきにくいわけです。

もし停滞期に入っていないのにチートデイを行うと、ただの食べ過ぎですからね。

停滞期に入ったかな?と思っても、自己判断せずに体脂肪計でチェックしてください。

普段からカロリー管理を行っている

チートデイでは、平均摂取カロリーに2,500kcalをプラスした食事をします。女性だと、合計4,000kcalも摂ることになります。

これがどのくらいの食事量になるか、普段からカロリー管理をしてる方ならわかるはずです。

逆に、どれくらいかわからない方は、失敗する可能性がグンと上がります。

チートデイを行う理由は、体を騙して停滞期を抜けるためです。そのためには、体を騙せるだけのカロリーが必要になります。

足りなければ騙せませんし、多すぎれば太るのでダイエットから遠ざかってしまいます。

この絶妙な隙間を狙うために、普段からしっかりカロリー管理をしている必要があるわけです。

スポンサーリンク

食事の内容に気を使う

チートデイでやりがちなのが、カロリーだけ摂ればいいと思ってジャンクフードなどを大量に食べることです。

カロリーを摂って体を騙すという点では間違ってません。

ただ、栄養価の少ないジャンクフードを大量に食べるのと、新鮮なお肉や野菜を同じだけ食べるのは、どちらが体にいいでしょうか?答えは後者ですよね。

ダイエットでは、食べ物によって痩せやすい体が作られます。つまり、食べ物が基本なんです。

それを忘れて、ただストレス発散目的の暴飲暴食になってしまわないことが、チートデイ成功への大きな1歩になります。

中途半端ではなくきちんと食べる

チートデイでは2,500kcalをプラスしたカロリーが必要ですが、それだけの量を食べれないのならやめた方がいいです。

大量にカロリーを摂るから騙せるのであって、それ以下のカロリーでは騙せないため意味がありません。

「いつもより摂取カロリーが多くてラッキー」くらいにしか体が思わないので、停滞期を抜け出すことができないんです。

先ほども言いましたが、女性がチートデイを行う場合は4,000kcal必要になります。カツ丼だと5杯分です。

これが食べれそうなら、カロリーの摂取量はクリアできますよ。

1日だけという期限をしっかり守る

tabesugi-taisaku3

チートデイで最も多い失敗の原因が、チートデイを1日だけでやめれないことです。お腹いっぱい食べられる誘惑に負けちゃうんです。

もちろん、そんなことでは絶対に成功しません。

単なる食べ過ぎになってしまい、大きくリバウンドするだけです。今までの努力が水の泡になります。

もし自分で意志が弱いとわかっている方は、この点に注意してください。

何があっても1日で元のダイエット生活に戻れる自信がなければ、やめておくのが賢明です。

まとめ

チートデイを成功させる必要なことは、次の5つです。

  • 体脂肪率が25%以下であるということ
  • 普段からきちんと管理を行っている
  • 何を食べても良いわけではない
  • 中途半端ではなくきちんと食べる
  • 1日だけという制限をしっかり守る

停滞期をスルーできるという効果がある反面、それなりに注意点もあるため、失敗しないよう上手に取り入れてくださいね!

 - 食事法