これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

なぜ失敗する人が多い?キャベツのダイエット効果や注意点など

      2017/01/09

cabbage

キャベツダイエットで痩せた、はたまた失敗したなんて話をよく聞きませんか?

キャベツダイエットは痩せるのか、太るのか、どっち?と悩んでいる方も多いと思います。

結論からいうと、キャベツでダイエットはできます

キャベツにはダイエットに効果がありますし、痩せるためのダイエット法だってあるんです。

では、なぜ成功する人と失敗する人が出てくるのか?

それは、キャベツのダイエット効果と方法をきちんと理解していないからだったんです。

スポンサーリンク

キャベツのダイエット効果とは?

キャベツには、次のようなダイエット効果があります。

  • 脂肪や糖質を吸収しづらくする
  • 腸内環境の改善
  • 血糖値の上昇を緩やかにする
  • 食べ過ぎを防ぐ

それぞれ詳しくみていきましょう。

脂肪や糖質を吸収しづらくする

キャベツは野菜なので食物繊維が含まれています。

その中に、胃の中でドロドロのゲル状になる「水溶性食物繊維」という成分も含まれています。

水溶性食物繊維は、ドロドロの状態で腸へ運ばれ、そこで腸に膜をはるような働きをします。要するに、余分な脂質や糖質の吸収を妨げてくれるわけです。

食事前にキャベツを食べておけば、その後食べる油物の吸収を抑えてくれたりするんですよ!

腸内環境の改善

先ほどの水溶性食物繊維とは違い、ドロドロにならない「不溶性食物繊維」も含まれています。

不溶性食物繊維は、水分を含み膨らむことで腸を刺激し、お通じを改善します。快便効果です。

そのときに、便と一緒に腸内の老廃物を絡めて出すため、腸内環境が改善されます。

腸内環境が良くなると善玉菌が増えて、腸の活動がより活発になるわけですが、これが代謝アップにつながります。

大きなダイエット効果ではないですけど、こういう小さな積み重ねがダイエット成功の近道になるんですよ。

血糖値の上昇を緩やかにする

no-undodiet

先ほど、キャベツを食べると糖質の吸収を抑えると説明しました。

この効果は、脂肪を増やさないだけじゃなく、もう1つのダイエット効果「血糖値の上昇を緩やかにすること」へつながります。

血糖値が高い状態というのは、血液の中にエネルギーがたくさんある状態を指します。そして、ほとんどの場合使いきれません。

では、使い切れなかったエネルギーはどうなるかというと、脂肪になって蓄えられます。

ところが、血糖値の上昇が緩やかだと、エネルギーの増え方と消費のバランスがいいので、あまり脂肪になりません。

要するに、血糖値の上昇が緩やかだと脂肪が増えづらいんです。

食べ過ぎを防ぐ

生のキャベツはシャキシャキしているので、よく噛んで食べますよね?

よく噛む食べ物は、それだけ満腹中枢を刺激しやすくなり、早く満腹感を感じることができます。食べ過ぎを防ぐにはピッタリです。

また、キャベツに含まれる不溶性食物繊維は、水分を含んで膨らむと説明しましたよね?あれも、お腹で膨らみ満腹感をアップさせます。

この2つの効果のおかげで、食べ過ぎを防ぎカロリーカットすることができるってわけです。

スポンサーリンク

キャベツダイエットに失敗しないためには?

キャベツダイエットは、効果だけ見ると成功しそうですが、よく失敗したという話も聞きます。

そうならないためのアドバイスがあります。

それは、キャベツだけ食べるダイエットはしないことです。

それだけ?と思うかもしれませんが、これだけです。

キャベツは、低カロリーなうえにお腹いっぱいになりやすいので、早く痩せようとキャベツだけ食べてしまう方が多くいらっしゃいます。

でも、それでは栄養が大きく偏ってしまいます。

タンパク質が足りないことで筋肉が落ち代謝を下げてしまったり、ストレスが原因で代謝が落ちたりと、良いことは1つもありません。

はじめはガタッと体重が減っても、その後が全然減らなくなり、最悪リバウンドしたりもします。

そうならないためにも、キャベツだけを食べるようなダイエットは避けるようにしてくださいね!

キャベツダイエットのコツ

okara4

キャベツダイエットを成功させるには、2つのちょっとしたコツがあるのでご紹介しますね。

食事前にキャベツを200〜300g食べる

まず1つ目は、キャベツを必ず食事前に食べることです。

理由は、食べ過ぎを抑えてカロリーを減らし、脂肪の吸収を抑えるためです。

食べる量が少なすぎても効果がないので、200〜300gを目安に食べるといいですよ。

たったこれだけのことですが、食事の効果はガラッと変わります。よく噛むために、ザク切りにした生のキャベツがおすすめです。

ドレッシングの選び方に気をつける

ドレッシングをかけることになると思いますが、選ぶのはノンオイルの低カロリードレッシングにしてください。

間違ったドレッシング選びをすると、カロリーを摂りすぎてしまいます。

例えば、胡麻ドレッシングの大さじ一杯のカロリーは、60〜80kcalです。

これだと、さすがにカロリーの摂り過ぎで太ってしまいますからね。ちょっとしたことですけど、ダイエットではとても大きなことです。

まとめ

キャベツのダイエット効果には次のようなものがあります。

  • 脂肪や糖質を吸収しづらくする
  • 腸内環境の改善
  • 血糖値の上昇を緩やかにする
  • 食べ過ぎを防ぐ

キャベツ特有の痩せる効果があるわけではありませんが、ダイエットに合う食材なのは間違いありません。

それに実際にキャベツダイエットで大幅減量に成功した方もたくさんいます。

これからはじめようと思う方、過去に失敗したことがある方は、注意点とコツを覚えてからはじめるようにしてくださいね!

 - 野菜, 食べ物, 食事法