これからダイエット

これからダイエットを始める女性の応援サイト

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違い!ダイエットに良いのはどっち?

      2017/01/09

black-whitechia

チアシードを買おうと思ったら、「ブラック」と「ホワイト」の2種類があるので、どっちがいいの?ってなりますよね。

この2つ、色以外にもきちんと違いがあります。

ここでは、ブラックチアシードとホワイトチアシードの違いをご紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ブラックチアシードとホワイトチアシードの違い

それぞれの違いについて、次の3つを比べてみました。

  • 栄養面
  • カロリー
  • 膨張率

栄養面

ブラックチアシードとホワイトチアシードの栄養を、それぞれ大さじ1杯分で比べたものが次の表です。

ブラックチアシード ホワイトチアシード
食物繊維 4.5g 4.88g
タンパク質 27.5mg 25.5mg
マグネシウム 50mg 52.4mg
オメガ3脂肪酸 3.1g 3.4g
鉄分 0.93mg 0.93mg

そこまで差はないように見えますが、タンパク質以外では、全てホワイトチアシードが上回っています。

大さじ1杯の差がこれなので、1週間や1ヶ月という長さで見ると、大きな差になってきます。

カロリー

栄養価が違うので、もちろんカロリーも微妙に違ってきます。

こちらも、それぞれ大さじ1杯の量で比較すると、次のようになります。

  • ブラックチアシード:75kcal
  • ホワイトチアシード:66.6kcal

大さじ1杯の場合、ホワイトチアシードの方が8.4kcalほど少ないです。

膨張率

チアシードといえば、水に浸けることで膨らみますが、その膨張率にも大きな違いがあります。

  • ブラックチアシード:8〜10倍
  • ホワイトチアシード:10〜14倍

ブラックチアシードが最大で10倍なのに対して、ホワイトチアシードは最大で14倍にも膨れます。

満腹感を求めるなら、ホワイトチアシードの方が好ましいということです。

スポンサーリンク

ダイエットならホワイトチアシードがおすすめ

チアシードをダイエット目的で食べるなら、ダイエット効果の高いホワイトチアシードがピッタリです。

理由は次の通りです。

  • 低カロリー
  • 満腹感を得やすい
  • 腹持ちが良い
  • オメガ3脂肪酸が多い
  • コスパが良い

カロリーが低い

ホワイトチアシードは、大さじ1杯あたり8.4kcalほど少なくなります。

たかが8.4kcalですが、1週間だと約60kcal(ゼリー1個分)にもなるのでバカにできないんですよ。

満腹感を得やすい

膨張率に4倍以上も差があるので、満腹感を得やすいのはホワイトチアシードです。

膨らみきった状態で1.4倍もの差があるわけですから、食べ応えで考えると圧倒的にホワイトチアシードの方が上です。

腹持ちが良い

チアシードが膨れた時のジェル状の部分を「グルコマンナン」といって、これが腹持ちの良さに関係します。

ドロドロ状態で腸内を進むので、栄養の吸収をゆっくりにし、お腹を空きづらくしてくれるからです。

グルコマンナンは食物繊維なのですが、ホワイトチアシードの方が食物繊維量が多く、さらに膨張率も高いので、腹持ちに関して優秀なんです。

オメガ3脂肪酸が多い

ホワイトチアシードに多く含まれる「オメガ3脂肪酸」は、中性脂肪を減らす効果があります。

皮下脂肪や内臓脂肪を落としたい場合、とても有効な成分なんですよ。

チアシードの中性脂肪を減らす効果は、以下の記事でご紹介していますので良ければ参考にしてください。

>>チアシードで中性脂肪は減る?1日に食べる量なども

コスパが良い

ホワイトチアシードもブラックチアシードも、値段はほとんど変わりません。

なので、膨張率や栄養価の高いホワイトチアシードの方が、コスパが良いんです。

継続が大事なダイエットでは、コスパの良さは大切なので、満足感の高いホワイトチアシードを選んだ方がお得ですよ。

まとめ

ブラックチアシードとホワイトチアシードでは、栄養、カロリー、膨張率において、全てホワイトチアシードが上回っています。

ダイエットにおいても、ホワイトチアシードを使う方が好ましいですよ。

 - スーパーフード, チアシード , ,